HOME > コラム > 看護師の実態 > 白衣の下には何を着る?

白衣の下には何を着る?

今はいろいろな白衣があります。色も白だけではなく、ピンクや黄色、水色、紺色などがでていて、カラフルです。しかし、色の薄い白衣では下着が透けてしまうことも。今回は白衣の下に何を着るかのお話です。

白衣って透ける?

以前は、清潔感が重要な看護職なので白衣といえば白でした。しかし、最近では色にもバリエーションがあり、病院長の好みや個人でおしゃれを楽しむ目的、看護師とアシスタントで色を分けるなどの理由から、白以外の白衣も流通しています。

しかし、紺色などの濃い色以外の白衣では、透けてしまいがち。
特に一番多い白の白衣は、下着が透けてけてしまうことも多いです。
ピンクや黄色も薄い色なら、白と同様に下着が透けてしまうことも少なくありません。

透けるのを避けるために

下着が透けてしまうのを防ぐために、上はキャミソールを、下はペチコートを着用している人が多いです。

キャミソールとペチコートが一体型となっているものもあり、ワンピースタイプの白衣では、このようなタイプは重宝します。

パンツタイプのものは、キャミソールだけ着用することもありますが、パンツタイプの白衣の下の下着も透けてしまうことがあります。このような場合には、柄物の下着を避けた方が無難です。

加えて、透けるのを避けるためには、ベージュか白色のものを着用するのがお勧めです。一番はベージュなので、通称ババシャツなどと言われますが、白衣の下に着るなら一番の透け防止となります。

透け防止は身だしなみの第一歩

このように下着が透けるのを防止することは、身だしなみの第一歩です。

いくら清潔感があって優秀な看護師でも、下着が透けていたら残念ですよね。
意外と気が付きにくいところなので、気にしたことがなかった人はチェックしてみましょう。

下着が透けていても注意しにくい場合もありますから、自分で気が付きたいものです。

 


このように白衣の下には、下着が透けにくいものを着用することが大切です。白衣が濃い色のもの以外は、ベージュか白色のキャミソールやペチコートなどを着用するのが良いでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事