HOME > コラム > 看護師の実態 > 看護師に必要なハンドケアのまとめ

看護師に必要なハンドケアのまとめ

看護師や看護学生は、手が荒れやすい環境にあります。しかし、そのままの状態にしておくと、苦痛なだけではなくいろいろなデメリットがあるので覚えておきましょう。
 

なぜ看護師は手が荒れやすいの

よく看護師の手が荒れやすいと聞きますが、なぜ看護師は手が荒れやすいかご存知ですか。それは、手洗いの回数が多いことや、消毒によって皮膚のバリア機能が弱くなってしまうからです。

看護師は患者さんに触れるときに、手を清潔にしておかなければいけません。そうしなければ、患者さんの保有している菌を別の患者さんにうつしてしまう可能性があるからです。看護師は一処置一手洗いと言われるように、別の患者さんに触れる前には必ず手洗いか、消毒を行っています。

しかし、手洗いや消毒を頻繁に行うことによって、皮膚が乾燥することや、皮膚に必要な常在菌もいなくなってしまいます。このような原因から、看護師の手は荒れやすいのです。

手が荒れることによって、皮膚がひりひりと痛んだり、赤くなってしまうことがあります。
これらは本人にとって大変苦痛な状態で、そのままの状態で手洗いや消毒を行うと、しみてしまうというデメリットがあります。

加えて、手が荒れた状態では細菌が繁殖しやすいので注意が必要です。皮膚のバリア機能が正常に働いていないため、あらゆる菌に弱くなってしまうのです。

また、血液感染するような細菌が手に付着してしまったときに、正常な手のときよりも危険性が高くなってしまいます。

ハンドケアで手荒れを予防しましょう

ハンドクリーム
このようなデメリットを防ぐためにも、ハンドケアは必要です。

例えば、手洗いと消毒を行ったあとに、それらの効果を妨げない医療用のハンドクリームを使用すると良いです。

また、アルコールが弱い人は、ヘキシジンなどの別の消毒液を使用するようにするという手もあります。自宅では、寝る前にハンドクリームをたっぷり塗って、手袋をはいて寝るようにすると手荒れを予防することができます。

このように看護師は手が荒れやすい環境下にありますが、放っておくことによって様々なデメリットがあります。手荒れによるデメリットを防ぐためにも、ハンドケアはしっかりと行っていきましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事