HOME > コラム > 看護師の実態 > 辞めたくない、でも、自信がない新人看護師さん

辞めたくない、でも、自信がない新人看護師さん

プリセプター指導による実践教育を行う病院が多くあります。ここで、新人さんは教え方の上手い先輩に当たれば幸せな看護師生活をスタート出来ます。

しかし、相性が合わない先輩が担当になった時、「ぞっと」してしまうことになります。この先輩と一年間、師弟関係を結ばなければならない。

これが、プリセプターとプリセプティの関係です。

新人看護師さんは、先輩のプレッシャーにより心を悩ませていることがあります。
では、あなたは何のために看護師になったのでしょう。
 

看護師になった理由

看護師になろうと思ったきっかけは、人それぞれ。その原点を振り返りましょう。
そして、退職したい時にこの気持ちを思い返し、それでも辞めたいかを今一度考えてみましょう。

  • 白衣の天使にあこがれて
  • 身内や大切な人を失い、医療の世界を志した
  • 人の面倒を見ることが好き、人のお世話がしたい
  • 人の役に立ちたい
  • 給与が良い
  • 手に職をつけたかった

看護師を辞めたい理由

夜勤
看護師を辞めようと思うことは、なにか原因があるはずです。頑張って難しい勉強をし、資格取得をしたのに、もう辞めたいと感じる理由を聞いてみました。

  • 上司、先輩が怖い
  • プリセプターとそりが合わない
  • 日々の指導により自信が無くなった
  • 漠然と看護師が向いていないと思う
  • 肉体的に、精神的に疲れてしまった
  • モチベーションの低下やプチ鬱状態
  • 人間関係の困難さ
  • 不規則勤務の不適応

人間関係が理由で退職を考えた新人さん、あなたは仕事をするメンバーの為に看護師を始めたのですか?

なによりも患者さんの為に

看護師を志した時、人の為に、癒したい、役に立てる仕事をと考えて選択した人が多いでしょう。

では、上司、先輩、プリセプター、医師やコメディカルスタッフとのやりとりや人間関係に仕事の継続を難しいと感じた場合、何のために看護師を始めたのかを考えてみてください。

患者さんの為になる事をしたいと始めたのではないでしょうか?
同僚、先輩、上司などと上手くやっていくためにその職場に入ったのですか?
初心を忘れていませんか?

最後に

初心を思い返してください。いじめや嫌がらせ、教育をしてもらえず仕事が覚えられないのであれば、転職を考えてもいいでしょう。

しかし、やるべき努力をせず、適応できないと判断するのであれば、きっと転職しても同じことの繰り返しになるでしょう。退職理由は通用するような内容ですか?

患者さんの為に看護を経験し、学びたいと言う気持ちさえあれば、看護師は続けられます。態度を示していれば、先輩も上司もきっと認めてくれるときが来ます。

もしかしたら、努力が伝わっていないのかもしれません。身返すつもりで奮起してください。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事