HOME > コラム > 看護師の実態 > 看護師の結婚相手の職業とは。ドクターと結婚している人はどれぐらいいる?

看護師の結婚相手の職業とは。ドクターと結婚している人はどれぐらいいる?

結婚相手に求めるものは、お金だけではありませんが、生活していく上でお金はとても重要なものです。どんなに愛して結婚しても、お金がないとケンカの原因にもなります。

今まで、ドクターと結婚したいと思った事がある方はいるでしょう。ドクターは給料が一般職よりもいいので、結婚相手がドクターであればお金に不自由する事はないでしょう。
では、看護師はドクターと出会う機会多い看護師ですが、結婚相手に選ぶのはドクターが多いのでしょうか。

看護師の結婚相手はドクターが多い?

ドクターと看護師が結婚する事は珍しくはありません。
ですが意外とドクターを恋愛対象としてみている看護師は多くないです。

一般職からすると憧れがあるかもしれませんが、職場が一緒だと憧れはほぼありません。
また職場は一緒でも意外と接する事は少ないのです。
どちらかというと同僚の男性看護師と結婚する方が多いのではないでしょうか。

看護師の結婚相手で多い職業は?

10--8

病院で勤務するとほぼ出会いがありません。
出会いを求めるために合コンをする人もいます。合コン相手として男性から喜ばれる職業なので、合コンの相手を探す事には困りません。

男性で出会いが少ない職業といえば、警察官、消防士、自衛隊ですね。
どちらかというとドクターと結婚するよりも、合コンで出会った専門職の男性と結婚する確立の方が多いです。

同じ医療職の男性よりも、体力があり安定した職業の男性と結婚する事が多いでしょう。
お互い不規則な仕事のため、理解し協力する事が出来るためです。また警察官や消防士、自衛隊などは寮で生活していたり、泊りでの仕事があるため、炊事出来ます。
結婚後も仕事を続けるとなると、家事が出来る男性だと助かりますよね。

看護師が結婚相手に求める事

自身で生活するのに十分な収入を得ているので、高収入の男性よりも、お互いが協力し夫婦生活が出来る男性がいいでしょう
ドクターだととても忙しく休日なのに、突然病院から呼び出しがある事があります。協力してもらうのはなかなか難しいでしょう。

それよりも安定性があり、自分とは違う分野の専門職との男性との方が上手くいきます。
それはお互い違う分野なので、仕事の意見が違う事でのケンカも起こりませんし、なにより専門職同士尊敬、尊重し夫婦生活を行えるためです。

女性が仕事を続けるにはパートナーの理解と協力がなければ出来ません
子供が出来た時にもお互い夜勤の調整も出来るので、仕事も続けていく事も出来ます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事