HOME > コラム > 看護師の実態 > 准看護師と正看護師の違いとは?給与の差って?【難易度・働く上での給与などの差について】

准看護師と正看護師の違いとは?給与の差って?【難易度・働く上での給与などの差について】

病院へ行くと、当たり前に様に看護師の方がいらっしゃいますが、実は看護師と一口にいっても皆が同じではないのです。

看護師は、正看護師と准看護師に分かれており、それにより様々な面において違いが出てくると言えます。

看護師の種類

まず正看護師ですが、これは高校を卒業した後に、3年制以上の看護大学や看護学校へ進学し、看護についての広範な知識を身につける事になります。
その後に国家試験を受け合格後に晴れて正看護師になれます。
勿論、これは国家資格です。

その一方で、准看護師は、最終学歴が高校卒業以上の方の場合には、2年制の学校に進学した後に、どちらかと言うと看護についての技術的な事をメインに身につける事になります。
各都道府県の知事試験といったものを受け、晴れて准看護師になれます。
これは公的資格になります。

難易度と働く上での差

047917
一般的には正看護師よりも、准看護師の方が学校への入学難易度などを比較した場合には入りやすいといった傾向がありますが、准看護師であるが故に働いていく上で様々な差が出てきてしまうとも言えます。

例えば、昇給が見込めないといった点も問題のひとつです。
看護師長などへの昇給には、正看護師である事が前提である為に、長く勤めていても任される仕事内容に差が出てきてしまうとも言えます。

その為、後に正看護師になるべく、働きながら正看護師の資格を取得するといった選択をされる方もいらっしゃいますが、これは時間的にも体力的にもかなりハードなものになってしまいがちであり、あまり良い方法であるとは言い切れないところがあると言えます。

給与の格差

昇給などといった事も考えた場合には、初めから正看護師の資格を取得しておく事が最善であると言えます。

そして両者の業務内容ですが、実際には大きな違いはないと言われています。
患者側からしてみれば、どちらも看護師である事には変わりはない為に、行う業務内容に関しても違いがないのだとも言えます。

しかし両者の一番の違いはと言えば、その給与の差であると言えます。
一般的な正看護師の平均月収はおよそ33万円であると言われており、更に年間賞与が80万円以上であるとされている為、年収にするとおよそ470万円以上になると言われています。

一方で、准看護師の平均月収はおよそ28万円です。年間賞与などを含めて年収を算出した場合には、およそ400万円強といった具合になり、正看護師の年収と比較するとおよそ100万円近くの差が生じてしまうと言えます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事