HOME > コラム > 看護師の実態 > ナースシューズを選ぶとき、みんなは何を基準に選んでる?※サイズ確認が最重要!

ナースシューズを選ぶとき、みんなは何を基準に選んでる?※サイズ確認が最重要!

看護師を目指している人にとって、実際に病院などで働く時に、どんなナースシューズを選べばいいのか疑問に感じていることもあるでしょう。
看護師として働いているみんなは何を基準に選んでいるのかを把握しておくことで、失敗のない選び方が出来るようになりますので、参考にしてみましょう。

ナースシューズはサイズ確認が重要

実際に、ナースシューズは座ったり立ったりする動作が多い職種ですので、普通のシューズよりもゆったりサイズに製造されています。
そのため、いつも履いているサイズで選ぶと大きすぎる場合もあります。
お店で試着をする場合には、ワンサイズ小さめの商品を試着してみることも大切です。
その際に、可能であればかがんだりしてみる動作を行ってみましょう。

スニーカータイプのシューズの特徴

0144_08201ex
看護師の仕事は、立ち仕事であり足の疲れを感じたりむくんだりすることも珍しくありません。
そのため、スニーカータイプであれば靴底にEVAという素材が使われているものがあり、これなら不調を感じにくくなります。
一般的なゴム素材のものと比べても、軽くクッション性に優れているのが特徴です。

しかし、EVAの素材は、ゴム素材に比べると滑りやすいというデメリットがあるので、注意は必要です。
滑りにくく安定感のあるゴム素材の靴底は、活動的に動く必要があるので安心感があります。

しかし、歩く時に音が出やすいのがデメリットです。
特に、夜勤をする看護師には不向きでしょう。

疲れにくさと滑りにくさのいずれに重点を置くのか、看護師の勤務状態にもよりますが、それによって慎重な靴底選びも必要です。

着脱に便利なサンダル式

サンダル式のナースシューズは、着脱がしやすいメリットがありますが、安定感や疲れやすさの軽減と言う観点では、スニーカータイプが勝ります。
しかし、かかと部分のベルトが可動式になっている着脱に便利なサンダルも販売されています。

つま先部分はスニーカーのようになっているので、歩きやすさもあり、かかとがベルトで可動式になっているので、着脱が多い職場では重宝します。
サンダルタイプでも、このような便利な機能があるものであれば、着脱をすることが多い施設やクリニックでの勤務でも抵抗なく履けるようになるでしょう。

また、数は少なくなって来ていますが、パンプス式のナースシューズも履いている方もいます。
おしゃれな印象を与えるメリットがありますが、足の疲れやすさはあると考えておいた方が良いでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事