HOME > コラム > 看護師の実態 > 看護師のナースシューズについて【色やタイプの違いをご紹介】

看護師のナースシューズについて【色やタイプの違いをご紹介】

医療現場で使われる ナースシューズといえば、 白が定番ですが 黒の商品も 多数販売されています。 昔から看護師は 白いナースシューズ だというイメージが先行していますが、 黒のシューズでも 意外と 好印象 という メリットがあるの ご存知 でしょうか。
これから看護師を目指す方は、 可能であることを知っておくと シューズ選びに役立つのではないでしょうか。

時代の流れと共に、白だけではなくなって来ていることを予め知っておくと、ナースシューズを選ぶ時の候補に入れられるようになります。
ワンパターンで白を選ぶより、時には、気分転換の意味あいでイメージチェンジをしてみることにも役立つのではないでしょうか。

黒のシューズのメリット

確かに 看護師と言えば、 白いナースシューズが 定番ですが 黒のナースシューズでも メリットはあります。
例えば、 黒い色というのは 落ち着いた印象になるので 信頼感をもてる 関係を気づくのには ふさわしい色です。また、 白に比べると汚れが目立ちにくく 手入れがしやすいというメリットがあるでしょう。

ナースシューズも多数販売

6--4

現在では、 スニーカータイプのもの、 サンダルタイプのもの などが主流ですが 黒の商品も多数販売されているので、選びやすい魅力があります。
数は少なめですが、パンプスタイプもあります。

従来のイメージが先行するので、白ではないと強烈なインパクトになる可能性を懸念する方もいるでしょうが、意外とモノトーンなので馴染みやすいという魅力があります。
また、看護師によっては白衣も白ではなく紺色の場合もあります。

こういった場合には、白いナースシューズよりも引き締まった印象になるので馴染みやすいメリットがあります。

医療関係者にも最適

​ また看護師だけではなく、 医療分野に関わるスタッフ の方が 履く時にも最適です。
介護施設など ヘルパーや ケアマネージャー 事務職員 などのスタッフが履いても 好感度が持てるでしょう。

従来の白という思い込みだけで安易に選ぶのではなく、 時代の流れと共に このような色も採用されていることを知り、 新しいカラーに挑戦してみることも良いのではないでしょうか。

勤務先で特別な指定がない限りは、こうした色に挑戦してみることも 一つの方法になります。確かに始めは目立つかもしれませんが、それだけのメリットを体感できるのであればお勧めです。また本人だけではなく 患者さんにとっても 好評であれば ナースシューズを履く メリットは確かにあるといえるでしょう

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事