HOME > コラム > 看護師の実態 > ナースウォッチの使い方。ナースウォッチならではの機能とは

ナースウォッチの使い方。ナースウォッチならではの機能とは

ナースウォッチの使い方や機能を知っているでしょうか。
ウォッチと言っても、普通の時計ではありません。
時間の確認が重要な看護師にとっては、重要で便利なアイテムです。

ナースウォッチとは

もちろんその名前のとおり看護師が使いやすいように、看護師のために作られた時計です。
別に、他の人が使っても全く問題はないのですが、必ずしも使いやすいとは言えないかもしれません。

また逆に、看護師であっても絶対になくてはならない、これなしでは仕事ができないといった性質のものではありません。
他のタイプのウォッチを使っている看護師も多くいます。

ナースウォッチの見た目の特徴

まず見た目ですが、いわゆる腕時計ではありません。腕にはめることができるバンドはついておらず、昔でいうところの懐中時計のようになっています。そして、首からぶら下げて使うことができるようにチェーンがついています。

腕時計ではない理由は、看護師は手指を消毒しなければならないことが多いです。
手首まで、場合によっては腕まで消毒する場合も珍しくありません。その際、腕に時計をはめていると邪魔になるからというのが理由です。

もう一つ、ナースウォッチには見ただけで明らかに分かる特徴があります。
それは、チェーンの位置と12時の位置の関係です。普通に考えれば、チェーンで時計を吊り下げたときに12時の位置が上にくるのが自然であるように思えます。

ところが実際にはそうではありません。吊り下げると、12時の位置ではなく6時の位置が上にきます。つまり、首から下げた状態では文字盤が上下さかさまになっているのです。

これはなぜかというと、要は吊り下げた状態で時計を見ることは想定されていなくて、持ち上げて時計を見ることが想定されているからです。その場合、分かると思いますが、6時位置で吊り下げられていると、持ち上げたときにはちょうど12時位置が上にくるようになり、さっと時刻を確認できるわけです。

ナースウォッチの機能と使い方

ナースウォッチの特徴はこれだけではありません。ナースウォッチならではの機能がありますから、使い方を覚えておきましょう。

それは、脈拍数計算尺です。
この時計の文字盤には普通の時刻目盛以外に、12時位置から目盛が打たれていて、6分のところに150、10分のところに90、15分のところに60などと書かれているはずです。

これを使って、秒針が0秒のときから脈拍を数えはじめ、15拍打つのにかかった秒数のところの目盛を読めば、それが1分間の心拍数を表すようになっているのです。

当サイトおすすめのナースウォッチはこちら!

当サイトおすすめは、Little Magic(リトルマジック)さんのナースウォッチですね。
医療現場で実際に使われているだけあってプロ仕様なのですが、品質だけではなくデザインもかわいいナースウォッチになっています。

<おすすめポイント>
・時間やパルスメーターが見やすい・分かりやすい文字盤
・日本製クオーツと日本製電池、3気圧防水で耐久性もバッチリ
・場面ごとに使い分けられる3wayチェーンが便利

お値段もリーズナブルな上に1年間保証つきなので、これからナースウォッチを買う人にも、今のナースウォッチに満足できないという人にもオススメです!

ご購入はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事