HOME > コラム > 看護師の実態 > ポケットを整理してすっきりナースになろう!身軽に動ける看護師になるために

ポケットを整理してすっきりナースになろう!身軽に動ける看護師になるために

何かと詰め込みがちのポケットですが、整理することによって身軽に動ける上、見た目も良くなります。

ポケットには何が入ってる?

多くのナース服には、左右のポケットや、胸ポケットなどがあります。
部署などによってもポケットの中身が変わってきますが、共通して入っているのはボールペン、メモ帳です。

また、病棟でははさみやテープ、駆血帯、鉗子を入れている人もいますし、健診センターや外来では付箋や輪ゴム、クリップなどを持ち歩いている人が多いです。

看護師は動き回っていることが多く、業務に追われがちです。
そのため、物が近くにないために時間のロスとなってしまうことも。それを避けようとして、気が付いたらポケットがいっぱいに・・・。

ポケットがパンパンになると

しかし、ポケットがいっぱいになると、まず見た目がよくありません。
加えて、走ったときなど、ポケットから物があふれる危険があります。

また、ポケットの重みがユニフォームを通して自分にかかってきますので、肩こりや疲れの原因にもなります。

ポケットを整理しよう

ボールペン
これらのことから、ポケットに入れるものは最小限にとどめておくべきだと言えます。

ボールペンは、気が付いたら何本も持っているという人も少なくありません。
製薬会社から支給されるなど、増える要因は多いですが、減っていくことはどこかに置いてくる以外あまりありません。

そのため、ボールペンは2,3本にとどめ、たくさん持ち歩かないようにすると良いでしょう。また、ポケットを整理するためにペンケースをつけている人もいます。

腰につけられるタイプやポケットの中に入れるタイプなどがありますが、ペンケースを使うことによって、ポケットの中身を一度に取り出すことができるので、ポケットの中身を把握しやすく、整理もしやすいです。

また、ペンケースを複数持ち、その時々によって使い分けるということもできます。

このようにポケットを整理して、持つものを最小限にすることですっきりナースになれます。必要なときに必要なものだけを持ち出すようにすると、何が必要で何が不要かも区別がつきやすくなります。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事