HOME > コラム > 看護師の実態 > 病棟看護師が受けやすいセクハラと対処法のまとめ

病棟看護師が受けやすいセクハラと対処法のまとめ

看護師というと、人によっていろいろなイメージを持たれます。特にメディアなどの影響もあり、男性からは性的対象として見られることも少なくありません。今回は病棟看護師が受けやすいセクハラとその対処法をまとめていきます。

なぜセクハラされるの?

職業へのイメージはそれぞれありますが、看護師は社会的にもイメージが確立されている方です。

例えば、看護師のイメージとして「白衣の天使」「激務」「優しい女性」などが挙げられます。一方、男性からは性的対象として見られることもあります。
なぜなら、コスプレやそのようなメディアが流通しているからです。

加えて、病棟では共同生活を強いられます。性的欲求も高まりやすい環境にあるということです。

こんなセクハラが!

これらの背景を受け、病棟ではセクハラをされることがあります。

例えば、手を握られる、キスをされる、体を触られる、性的なことを言われるなどです。

これらのセクハラは、中年から高齢の男性に多い傾向にあります。
また、一方的に好意を寄せられ、準夜明けに待ち伏せされるというケースも。

対処法の数々

このようなセクハラにどう立ち向かっていけば良いのでしょうか。

まずは、あしらうことです。そして、セクハラをしてくる患者さんのところにいくときは、二人きりになる環境をなるべくつくらないようにします。

また、セクハラをされたときは、必ず上司に報告します。あまりにもひどいようなら、師長から注意をしてもらったりもします。

このようなケースで、最悪強制退院できることも可能な場合があるので、ひとりで悩まず相談するのがベストです。

 


このようにセクハラをしてくるなんて許せませんが、毅然とした態度で立ち向かいましょう。女性だからとそのような行為を受けるのは良くありません。セクハラをされないよう堂々とした態度をとり、万が一された場合には上司に相談して解決するのが一番です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事