HOME > コラム > 看護師の実態 > 新人看護師に求められる姿勢~無理をしないことが重要!失敗も成長への一歩!

新人看護師に求められる姿勢~無理をしないことが重要!失敗も成長への一歩!

新人看護師は教えてもらう立場です。
先輩看護師の手をとり、教えてもらわなければなりません。
当然のことながら、教えてもらえることに感謝しつつ、早く覚えられるように努力をしなければなりません。

教える側の教育担当者やプリセプター、現場の先輩看護師は、その新人看護師の知識や技術の習得状況、進歩などに興味があり、どのようにすれば分かりやすく教えられるかと考えながら接しています。

このような、目をかけられている新人看護師に求められる基本姿勢についてまとめてみます。

無理をしない

新人看護師は、技術面、精神面にいて無理をします。

まず、技術面では、出来るかどうかわからないけれど「出来ます」「頑張ります」と無理をします。結果、出来ない、分からない、失敗するといった経緯をたどり、先輩、患者さんからの信頼を無くし、自分の自信を無くす結果になります。

このような顛末をたどるくらいであれば、「分かりません」「フォローお願いします」「もう一度教えてください」と素直に言える方が今後の人間関係においても、技術習得に関しても良いです。

出来るかどうかが分からないという事も多いでしょう。一度見学したけれど、正しくできるか不安という場合は、付き添いや見ていて貰い、安全に行えているかを確認して貰うようにしましょう。

自信を持って出来ないのであれば、患者さんにとって不安や苦痛の原因ともなります。

なにより患者さんの安心できる看護を行うために、出来ることと出来ないことを見極める必要があります。知識と実践は異なります。頭でっかちな看護は止めましょう。

精神面においても無理をしているのが新人看護師です。

優先順位にタイムスケジュール、技術面においてなど多くの不安を抱えて仕事をしている為、心にゆとりが無いものです。休日も仕事の事が気になり十分に休息やリフレッシュを図れないという事もあります。

しかし、究極な精神状態でも頑張りすぎる新人看護師は、精神的に滅入ってしまい、退職するケースが増えています。そのようなことにならないように、事前に対策が必要です。

先輩やプリセプターとコミュニケーションを図り、悩みを打ち明けてください。
きっと同じような経験をした先輩は多く居るはずです。正しい助言と体験談で精神的な弱まりを是正しましょう。

失敗しながら成長です

悩み
新人看護師は、失敗するものです。
未知の世界に飛び込んだ新人看護師です。初めから上手く出来たら、今の先輩たちの努力は何だったのでしょう。

先輩看護師は、もう自分たちが出来るようになったから、大変と思って習得した知識や技術について何とも思いません。だから、新人看護師にもキツイ口調になることがあります。しかし、彼女らも多くの失敗を経て今があるのです。

「出来ない」「自信が無い」「また怒られた」「向いてない」とマイナス思考にならず、今日注意されたことは繰り返さないという考え方で良いでしょう。そう考えられるとプレッシャーやストレスは軽減できます。

初めから出来る簡単作業であれば、看護師という資格は必要ないでしょう。
それなりに大変で難しい職業だからこそ、国家試験に合格する必要があるのです。

自信を無くしたとき、褒められたときや成功した時のことを思いだしてください。
きっと、何もできていないと言う事は無いはずです。

患者さんと関係を築くための努力

看護師に必要な能力として、コミュニケーションがあります。
コミュニケーションには、言語的コミュニケーションと、非言語的コミュニケーションがあります。言葉を交わす、心を通わすことが大切な看護。

新人看護師は、知識も技術も未熟なのが当然で、患者さんの前で失敗する事もしばしばです。ですが、失敗した時に誠実に対応できる人と出来ない人では患者さんの感じる思いは異なってきます。誠実に謝ることが出来れば、「次に期待しよう」という思いになります。

しかし、態度にもんだいがあれば「二度と来るな」と思わせてしまいます。
信頼関係を築くと言う事においてもコミュニケーションは重要です。目を見て話す、理解を示す、時にタッチングやなでる、手を添えるなど優しさを表現し、安心感を与えられると事も患者さんを上手く関係を築くことには大切なことです。

まとめ

新人看護師に求められる姿勢について理解できたでしょうか?

人を相手とする職業であるがゆえに、ストレスが強く、気を使う職業です。
疲弊してしまって看護師を辞めたという声を聞くことが多い職業でもあります。せっかく取得した資格ですから、そうならない為の努力をしたいものです。

自分の肉体的、精神的疲労に目を向けて、発散することが大切です。

また、失敗して叱られても良い時期ということがあります。
新人の間でしか聞くことのできないこともあります。

皆、失敗しながら今に至っていると先輩を見てください。すると、自分もいつかはあぁなれると思えるでしょう。そして、患者さんと心を通わせるには、どのような看護師であるべきかを考えて患者さんに誠実に優しさを持って関わってみてください。

このようなことを気をつけると、自ずと看護の仕事を辞められなくなります。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事