HOME > コラム > 看護師の実態 > 夜勤の後の過ごし方が肝心!! 睡眠不足よ、さよなら

夜勤の後の過ごし方が肝心!! 睡眠不足よ、さよなら

夜勤のせいで疲れが取れない、でも夜勤しているから仕方ないと諦めている看護師さんは多いです。

仕方なくなんかありません!!睡眠不足や疲労の蓄積は、体の疲れのみではなく、健康状態の悪化、精神的不安定、自律神経失調など、諸々の不調を来たします。

今は、仕方ないですむことかもしれませんが、今後、何年、何十年と看護師の仕事をしていく上で、「仕方ない」では済まない状況になりかねません。では、ちょっとした工夫で、夜勤の疲れが軽くなる、睡眠不足が解消されるとなると試したいとは思いませんか?

睡眠不足解消法について考えてみましょう。
 

眠気のサイクル

眠気を感じるには、体温が下がるといった状況に身体が陥ることが必要です。

人は、午後から夕方にかけて体温がピークに達します。そこから徐々に下がり、夜の睡眠体制に入ります。一度、お風呂に入り再度体温が上昇することがありますが、そのまま体温は下降し、容易に睡眠に入れるように身体は体温下降体制に入ります。

夜勤明け、太陽は上昇中です。この日の光を浴びながら帰宅すると、体温は上昇し、夜勤で疲れた体は睡眠や休息を求めていますが、身体は気集う体制となり体温が上昇します。

身体の求める睡眠状況と、昼間と言う環境の不一致から睡眠サイクルは狂ってしまいます。

睡眠に必要なホルモン、睡眠に深く関与するホルモンとして「メラトニン」があります。これを正常に分泌させることが安眠、休息に大切なことなのです。

メラトニンと睡眠の関係

睡眠
脳を睡眠へ持っていくホルモンが「メラトニン」であることが分かりました。
夜勤中、本当であれば電気を消して眠っている時間に、蛍光灯や電灯の光を受け、体は活動体制に入ります。
光を受けることによりメラトニン分泌が減少し、睡眠不足となるのです。

睡眠を取り戻せ!!

どうにもならない時、「メラトニンサプリ」っが販売されています。これを服用することで睡眠を促すことが出来ます。

(それより先にトライ)

  • 夜勤退社時、サングラスや帽子で外の光を遮断
  • 帰宅したら、遮光カーテン、厚手のカーテンで昼間の光を遮断
  • 帰宅後、まず3~4時間の睡眠をとり体のリズムを回復させる
  • ※午後2時までに起きなければ、夜間の睡眠に支障が出るため注意!!

  • 午後の睡魔には、10分~20分の仮眠で対応
  • 仮眠や睡眠から覚めたら、カフェイン、光を浴びる、軽い運動で身体を覚醒させる

最後に

夜勤の後の睡眠不足に対しては、諦めないでください。長く看護師生活を続けるためには、夜勤による疲れを如何に回復させ、私生活や日々の業務に疲れを残さないことが大切です。

健康管理は、仕事以外の私生活の充実にも必要です。まずは、一度お試しあれ。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事