HOME > コラム > 看護師の実態 > 看護師のユニフォーム、ワンピースとパンツどっちがいい?

看護師のユニフォーム、ワンピースとパンツどっちがいい?

看護師には、「白いワンピース姿」をイメージする人も少なくありませんが、今はパンツタイプのユニフォームも多く出ています。

病院によっては、どちらか選べるところもありますが、注文する前にそれぞれの特徴を知っておきましょう。

ワンピースタイプの特徴

ワンピースタイプのユニフォームの特徴は、着やすさとオシャレです。パンツタイプのユニフォームと違い、ワンピースタイプは着てチャックをあげるだけなので、着脱がとても楽です。
また、妊娠や太ってしまったなど体型の変化もある程度カバーしてくれるのもメリットといえるでしょう。

一方、ユニフォームの色が真っ白だったり、生地が薄いタイプのものは、ペチコートなどをはいて、下着がみえないような工夫も必要です。また、ストッキングをはかなければいけないので、仕事中も伝線には気を付けなければいけないという特徴もあります。

動きの面では、足が開きにくい、走りにくいなどのデメリットもありますが、ワンピースタイプのユニフォームに憧れて看護師を目指した人も少なくなく、根強い人気があります。

パンツタイプの特徴

歩行訓練
パンツタイプのユニフォームの特徴は、なんといっても動きやすさです。ワンピースタイプのものよりも可動域が広がるので、仕事がしやすいといった特徴があります。

一方、おなか周りや丈など、自分の体に合わせてユニフォームを調整する必要があります。多くの病院は入職時に白衣合わせを行ってユニフォームの調整もしてくれますが、体型が変化して合わなくなった場合には再度調整し直さなければいけません。

また、妊娠した場合にはワンピースタイプのユニフォームよりも早くマタニティ用のユニフォームに切り替える人が多いです。

おすすめの選び方

このようにワンピースタイプにもパンツタイプにもメリットとデメリットがあるので、ユニフォームを選ぶ際は仕事の内容をもとに選ぶと良いでしょう。

例えば、外来で注射業務が中心であればワンピースタイプ、病棟で患者さんの介助などが多く体を動かす業務が多い場合にはパンツタイプなどです。また、どちらのタイプも半々で注文できるところもあるので、そのような選び方もありますよ。

ユニフォームを着ることによって、仕事とプライベートのオンオフがつきます。
自分らしく仕事ができるよう、ユニフォーム選びは慎重に行いましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事