HOME > コラム > 看護師の実態 > 看護師を辞めたいと思うのは働き始めて〇〇の人が多かった!3年目がキーワード!

看護師を辞めたいと思うのは働き始めて〇〇の人が多かった!3年目がキーワード!

看護師が今の職場を辞めたいと感じるのは、3年目が多いと言われています。

ここでは、なぜ3年目なのか、どんな気持ちの変化があったのか、辞める理由、について見ていきます。

看護師が仕事を辞めたいと思う時

看護師を辞めたいと思うのは、働き始めて3年目の人が多いです。
というよりも、3年目は辞めたいから辞める、という具体的な行動をとるようになります。
そのため、辞める人が表面化しやすいのです。

2年目までは看護師としてまだ半人前ですが、2年目から3年目になるにつれて、本物のナースに成長します。
ここでしっかり成長すると「もっと自分にあった職場に転職したい」か「このまま働き続けたい」と感じるようになります。

逆に、2年目から3年目まででうまく成長できなかった人は、周囲とのギャップに悩み、辞めたいと感じるようになります。
3年目は今までの仕事のストレスや疲れもたまってきて、限界になる人も多いからです。

人間関係・劣等感

ea8d10551a025ded54b39d28e6a094ef_s
もっと働ける場所を探したいからという前向きな「辞めたい」というケースに対して、後ろ向きなケースも存在します。
それが、人間関係や劣等感への悩みです。

女性社会と言われる看護の職場は、陰湿ないじめも少なくありません。
自分だけ重要事項が伝えられていなかったり、自分だけ先輩ナースからの叱責が多いなど、理不尽なこともあります。
こうなると、その人の力だけではどうしようもなくなることも多いです。

他にも、仕事がうまくできないなど周りと比べて劣等感を感じたり、自分の将来に不安を抱くようになるケースもあります。
後ろ向きな感情は誰しも少なからず抱くことですが、まじめすぎる人は一人で抱え込んで仕事を辞めるしかないと思い込んでしまいます。

辞めるということ

看護師の仕事を辞めるということは、今の職場から転職をするか、もしくは全く別の職業を選ぶかということになります。
辞めるといっても、もし今の職場から逃げたいという気持ちだけで転職するならば、おそらく次の職場も同じような状況になるでしょう。

手は尽くしてみたけれども、自分の力だけではどうにもならないと思ったら、その時は潔く転職しても悔いは残りません。

3年目というのは看護師にとって節目の時期です。
これまでの不満の鬱積、将来の自分に対する不安、などが押し寄せてきます。
この時にどのような対処法をとるかで、今後の看護人生が変わってきます。
辞めることを逃げるとは同意にせずに、よく考えてみましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事