HOME > コラム > 看護師の実態 > 看護師のやりがいを感じる瞬間のまとめ

看護師のやりがいを感じる瞬間のまとめ

どんな仕事でも、楽しいこともあればつらいこともあります。そして、つらいことを乗り越えるためには、やりがいが重要です。

今回は、多くの看護師が感じやすいやりがいを感じる瞬間についてまとめます。
 

やりがいがあると仕事が頑張れる

看護師は、病棟では夜勤があり、体のバランスを崩しやすい職業です。また、職員同士や患者さんなど、人とのかかわりが多く、ストレスを抱えてしまう人も少なくありません。

特に病んでいる患者さんとかかわることで自分までまいってしまったり、患者さんが亡くなってしまうことで落ち込んでしまうという看護師も多いです。

そんな看護師の多くは、日常の業務の中からやりがいをみつけ、それを糧に頑張っています。つらいことがあっても、やりがいを感じられると頑張ろうという気持ちにさせてくれるのです。

感謝の言葉をもらうとやりがいを感じられる

やりがいを感じる瞬間は人それぞれです。しかし、多くの看護師は患者さんから感謝の言葉をもらったときにやりがいを感じます。

例えば、受け持ちの患者さんが日々の看護で病態が良くなって退院するときに、「ここに入院してよかったよ。今までありがとう。忘れないよ」と言われたら、「つらかったこともあったけど、看護をしてきてよかった。あの人のためになった。これからもがんばろう」と思いますよね。このような経験は次へのやる気となります。

言葉がなくてもやりがいを感じられる

笑顔
また、言葉じゃなくても笑顔ひとつでやりがいを感じられることもあります。

人間は目に映った人の気持ちを、自分の気持ちと重ね合う性質があります。そのため、笑顔な人を見ると自分も笑顔になるのです。

見知らぬ患者さんと廊下ですれちがったときには、自分から笑顔で接してみましょう。多くの人は笑顔でこたえてくれます。お互いが笑顔で接することで気持ち良く働くことができるのです。

良いことは残しておくと良いです

このようにやりがいを感じられる出来事は、自分のノートに書き記しておくと良いです。ただし、個人情報の問題があるので名前などの個人情報は伏せておいた方が無難です。また、人には見せず自分だけでこっそりしまっておくと良いでしょう。

このノートは自分がつらくなったときにみると、自分を支えてくれる道具となります。


このように、患者さんからの感謝の言葉や笑顔は、看護師のやる気につながります。このような良い出来事は、自分の中で覚えておくことで、その後の自分を支える道具ともなりえます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の実態」の関連記事