HOME > コラム > 看護師の実態 > 女性の職場でうまくやってくために必要なことのまとめ

女性の職場でうまくやってくために必要なことのまとめ

以前は看護婦と言われていた看護師ですが、今では男性の看護師もみられるようになりました。しかし、数はまだまだ女性の方が多く、男性の看護師は少数派です。
このような女性が多い職場でうまくやっていくためにはコツがあります。
 

看護師はまだまだ女性の職場です

看護師は、昔は看護婦とよばれ女性だけの職場でした。現在では法律が改正し、看護婦という名称も看護師と改名されたことにより、男性の看護師を見る機会も少しずつ増えてきています。しかし、男性の看護師の抱える問題もあり、数としては圧倒的に女性の方が多いです。

女性の職場では、他の職場と比べて注意していくことがあります。
特に看護師はチームワークが重要なため、仕事をうまくやっていくためにも周囲との協調性は重要です。

女性の特徴とその理由

看護師のトラブル
女性は男性とちがい、生理周期があるために感情に起伏が起こりやすいという特徴を持っています。これは生理学上仕方のないことです。また、個人差もあります。

加えて、年齢によっては更年期障害がでてくる人もいます。そこに個人の育ってきた環境や価値観などが加わることで、その人の人格が形成されているのです。

看護学校も同じく女性が占める割合の多い環境ですが、看護学校では同級生は同じ目的を持った同志であるのに対し、職場では違います。

職場では患者さんを看るという目的では同じですが、上司と部下の関係であったり、指導係と新人の関係、ライバル同士の同期などそれぞれがいろいろな意味合いを持っています。

女性の職場でうまくやっていくためには

このような特徴を持った女性の職場でうまくやっていくためには、いくつかコツがあります。

まず、ひとつめは自分自身をよく把握することです。

例えば、基礎体温や日記をつけると、どんなときに落ち込みやすいか、イライラしやすいかというのがわかってきます。そして、そのようなときには気を付けて行動をしたり、苦手な人とは関わらないようにすると、トラブルを避けやすくなります。

ふたつめは、周囲の人の分析をすることです。
分析といっても詳しいものでなくていいので、どういう傾向にあるかをつかんでおくと良いです。そうすることで、その人とかかわるときの注意事項がみえてきます。


このように女性の職場では、自分や周囲の人の分析を行うことで、トラブルを避けやすくなります。そして、人間関係がうまくいくことで、チームワークが必要な看護師という仕事においても、うまくいくことが多いのです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の実態」の関連記事