HOME > コラム > 科目別説明~仕事内容・大変なところなど > 循環器科で働く看護師の業務内容・体験談【生命に直結する科】

循環器科で働く看護師の業務内容・体験談【生命に直結する科】

循環器科は主に血管系や心臓系の疾患を診療する科です。

私たちの食生活がどんどん変わってきて、それに伴い、動脈硬化や血管のトラブル、また心筋梗塞などの疾患も増加傾向にあります。

またこれらの根底には、生活習慣病と呼ばれる糖尿病や高血圧が大きく関連しており、循環器といっても幅広い知識が必要とされるのです。

また循環器科は心臓など生命にかかわる重要な臓器を扱うために、緊急入院や緊急手術ということも少なくありません。
看護師として働く現場の中ではとても忙しい診療科と言えるでしょう。

私たちの生命の基本、心臓を扱う科

心臓は私たちが生命を維持していくうえでとても重要な器官です。
そのために緊急性がとても高いのですね。

循環器科に入院してくる患者の多くは、心筋梗塞、心筋炎、大動脈解離など命のかかわる問題のことも少なくありません。
そのために、心臓に関する知識がとても重要になるのです。

循環器科病棟に行くと心電図系が鳴り響いているという職場がほとんどです。
心臓を客観的に観察するために心電図は欠かせない医療機器になるからです。

そのために看護師は病気の知識だけでなく、循環器科病棟でよく用いられる医療機器の知識を持つことも大切です。

循環器科の業務内容

jyunnkannki1

循環器科病棟の一日の業務内容は、他科と同じようなこともたくさんあります。
朝は医師の回診、そして指示された点滴や投薬をこなし、患者のバイタルサインを図って、清拭や洗髪など必要なケアを行っていきます。

またその間にナースコールや検査の呼び出し対応を行っていきます。

もしも心臓の手術を控えている場合には、その準備も必要です。
時には心臓の手術は時間がかかることもあり、朝一番から手術が行われることもあります。
その準備を早朝から進めていく必要があるのです。

また術後はICUに入ることが多いですが、状態が安定し、転棟許可の出た患者を迎えに行って循環器科病棟に搬送することも大切な業務内容の1つになります。

その間にももしも患者に異常があれば、すぐに医師を呼んで診察をしてもらったり、時には入院を受け入れたり、生命に直結する科であるために、忙しい業務内容になっています。

看護師としてやりがいのある職場

毎日緊張感のある病棟で働くために、その業務が大変だという人も少なくありません。
また緊急性もあるので残業や休憩が取れないということもあります。

しかしそれだけ学ぶことがたくさんあります。

他の病棟とは違い専門的な知識を多く必要とされる病棟ですが、将来的には循環器専門看護師資格の取得の道も開かれているので、キャリアアップを目指す看護師にはおすすめの科です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「科目別説明~仕事内容・大変なところなど」の関連記事