HOME > コラム > 科目別説明~仕事内容・大変なところなど > 看護師の求人について【人気の診療科はどこ?ランキングをご紹介】

看護師の求人について【人気の診療科はどこ?ランキングをご紹介】

看護師の求人ランキングでは、上位にランクインしやすい診療科というのがあります。
人を助ける仕事と言っても、診療科によって仕事内容は変わってきます。それゆえに、求人ランキングにも違いが出てきます。

ここでは、ランキングトップ、内科と外科のどちらが人気か、不人気な診療科、の3つについて見ていきます。

ランキングトップは?

求人ランキングトップに輝いたのは、救急救命室(ER)の看護師です。
テレビドラマなどの影響も手伝い、人気が高いです。

生きるか死ぬかの患者さんを相手にするのですから、緊張感は半端ではありません。
休む暇もなく対応に追われます。

それだけに、バリバリ働きたいという看護師にとっては、最先端の医療技術に触れ合える、あらゆる診療科の手術に立ち会える、というメリットもあります。看護師としての仕事に充実感を感じたいという人であれば、忙しくてもERに憧れるようです。

内科と外科はどっちが人気?

LW_8-000_Doctor&Nurse_151027+++++++++++++*

内科と外科で比べると、人気が高いのは外科です。
内科は慢性的な症状を抱えた患者さんの看護で、回復までには時間がかかります。
また、はっきり完治した様子がわからないので、やりがいを感じにくいことも多いです。

それに対して、外科は手術などにより短期間に患者さんが回復していきます。
元気になっていくのを目で見て確認できるので、それがやりがいに繋がるという人も少なくないようです。

外科は体育会系と言われ、常に動き回っているイメージがあります。実際、外科の仕事は内科に比べてテキパキと要領よくこなさなければならないことが多いです。
内科は薬を使ってじっくり治す、外科はメスで切り開いて一気に治す、というイメージの違いくらい、看護の仕事もサバサバしています。

不人気な科もある

人気がある診療科があるとすると、逆に不人気な科というのも存在します。
不人気だからといって、その人が好きであれば問題ありませんが、一般的に人気が低い科も見ておきます。

人気が低いのは、泌尿器科、小児科、産科、です。
泌尿器科は男性のデリケートな部分を扱う仕事なので、女性看護師としては気が引けてしまうようです。

小児科は子供を扱う難しさや、子供が苦しんでいるのを見たくないという理由、その他に子供の親との接し方が難しいということで人気が低いです。
産科は難しい職場にもかかわらず、助産師から見下されがちというのが不人気の理由です。ナーバスになりやすい妊婦さんに接する難しさなども理由になっています。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「科目別説明~仕事内容・大変なところなど」の関連記事