HOME > コラム > 科目別説明~仕事内容・大変なところなど > 消化器科で働く際は知っておきたい略語!【テキパキ看護師として働くために】

消化器科で働く際は知っておきたい略語!【テキパキ看護師として働くために】

略語は部署によってよく使うものが違ってきます。そして、調べてもなかなかでてこないものもあり、先輩に聞くしかない・・・というものも。

ここでは消化器科でよく使われる略語をご紹介します。

消化器科でよく使用される病名の略語

どの科でも共通して、がんのことを「Ca」や「K」と略すところが多いです。消化器科では、大腸がんを「CK」、胃がんを「MK」などと表記します。

また、早期がんの場合にはFをつけて、早期の胃がんを「FMK」などとかく人も少なくありません。また、消化器科に特徴的なクローン病は「CD」と略します。これはクローンディジーズといった英語からきています。

一方、潰瘍性大腸炎は「UC」と略されます。このような略語を使うことによって、情報収集でものを書く時間を減らすことができるというメリットがあります。

消化器科で行われる検査についての略語

一方、消化器科の検査でよく行われるのは、胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査、バリウム検査などです。胃内視鏡検査は、「FS」「GTF」「GF」「GFS」などと略されます。胃の英語読みであるガストロ、ガストリックのGやGT、内視鏡という意味のファイバースコープのFSです。

一方、大腸内視鏡検査は「CS」と略されることが多く、大腸の英語読みであるコロンのC、スコープのSです。

また、通常のバリウム検査は胃バリウム検査が多いですが、表記の際は「Ba」とされることが多いです。一方、大腸バリウム検査の場合には「DaBa」と表記され、ダーバーとよみます。

血液データに関する略語

その他、知っておきたい略語としては血液データに関するものです。
消化器科では、がんや炎症性腸疾患などの経過を見る際に、ヘモグロビン値に注目します。ヘモグロビン値は「Hb」と表記され、ハーベーといわれることが多いです。

消化器科ではこのような略語が使われることが多いです。
部署によっては、略語のマニュアルを作成しているところもあるので、参考にすると良いでしょう。

一見なじみにくい略語ですが、使っていくうちに慣れてきますから、早めに略語を使っていくことをお勧めします。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「科目別説明~仕事内容・大変なところなど」の関連記事