HOME > コラム > 科目別説明~仕事内容・大変なところなど > 精神科の看護師の仕事内容とは。勤務先の探し方と選び方

精神科の看護師の仕事内容とは。勤務先の探し方と選び方

看護師の勤務する診療科として精神科は少し特殊な雰囲気があります。
仕事内容として他の診療科とは異なる偏り方があるからですが、どのような仕事を行っているのでしょうか。勤務先の選び方によっても内容が変わるので、目指す場合にはよく吟味して自分の働きたい勤務先を探しましょう。

精神科の看護師の仕事内容とは

一般的な診療科での看護師の仕事に比べると、精神科では患者との会話が主な仕事になる現場が多いのが特徴です。慢性的な疾患が多いため、病院では入院患者は病院で暮らしているという様子を持っている場合があります。

投薬のためだけに来院したり入院したりを繰り返して病状を維持しているケースが多いため、顔見知りになる患者も多いでしょう。
必然的に会話をする機会が多くなってきます。その会話の中で患者を励ましつつ、病気の状況の変化を探ることが求められるのが一般的です。

ただし、急性期病棟がある現場では状況が異なり、病棟での急変もしばしば起こります
疾患でつらく感じている患者も多いため、急変に備えるだけでなく会話によるメンタルケアも重要になるのが特徴です。

典型的な勤務先の種類と特徴

11-10

看護師が精神科で働こうとすると、主な候補は病院とクリニックの二種類があります。
ただし、病院には総合病院と専門病院があることや、急性期病棟の有無によって現場の状況に大きな違いが生じるので注意が必要です。

総合病院は都会にある場合が多いものの、専門病院の多くは患者さんを隔離する目的で都会から離れた位置に設置している場合が多くなります。
専門病院の場合には数種類の疾患に特化していることもしばしばあり、特に症状が重篤な患者が総合病院から送られてくるときもあるのが特徴です。

これに対してクリニックでは服薬のみで病状がコントロールできている通院患者のみであり、症状が比較的軽いのが特徴となっています。

エージェントを利用して探すのが得策

精神科で看護師として働きたいと考えたらエージェントの活用をするのが賢明です。
現場によって状況が大きく異なるため、精神科の看護師として何を担っていきたいかを予め決めておき、エージェントに相談すると失敗がありません。

特定の疾患の慢性期患者とのコミュニケーションを志していたにもかかわらず、専門病院の専門性が少しずれていて別の仕事が主になってしまうという場合もないわけではないからです。確実にやりたい仕事ができるようにエージェントを利用して探しましょう

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「科目別説明~仕事内容・大変なところなど」の関連記事