HOME > コラム > 科目別説明~仕事内容・大変なところなど > クリニカルスペシャリストとは【医療現場以外で働く看護師】

クリニカルスペシャリストとは【医療現場以外で働く看護師】

クリニカルスペシャリストと言う言葉を聞いたことがありますか?
看護師として、病院勤務を考えている人であれば、なかなか耳にしない言葉かもしれません。
最近では、看護師が医療現場以外で働く職場が増え、多くの看護師が病院や施設以外で実力を発揮しています。

企業で働くクリニカルスペシャリストという仕事についてまとめてみました。

クリニカルスペシャリストについて

医療機器や医療関連商品、製薬メーカーの商品を説明し購入してもらうための営業職のようなお仕事です。

また、販売だけをするのではなく、その商品のアフターフォローとして、メンテナンスや点検等のお知らせ、その業務を行います。商品が売れる為には、どのように説明すればよいか、そのように伝えればより魅力的に聞こえるかなどと考えながら仕事を行います。

よって、自分が売ろうとする商品を熟知し、その利用法から管理法まで十分に熟知しておく必要があります。

クリニカルスペシャリストが働く場所

クリニカルスペシャリスト働く場所は、医療機器メーカーとなることが多く、一般企業での技術職雇用となります。病院や介護関連施設、医療関連施設、各種取引先へ行き、営業を行います。

クリニカルスペシャリストの知識

企業
クリニカルスペシャリストが対象とする相手は、患者さんではなく、医療職者となります。よって、売ろうとする人々のチェックの目は厳しく、商品をきちんと理解していなければ、全く取り合ってくれないという現状があります。

患者さんをケア・癒すのではなく、如何にして自社商品を売り込み、病院や施設に取り入れてもらうかという事を仕事とします。営業を行う為、白衣を着ることはなくなり、スーツで取引先を訪問するようになります。

クリニカルスペシャリストの遣り甲斐

この商品を患者さんが使うと、患者さんの笑顔がどのくらい増えるのか、患者さんの過ごしやすさはどのように変化するか、苦痛の軽減に至れるかと考えることが、クリニカルスペシャリストとしての看護師のやりがいです。

また、医療職者から「この商品魅力的だね」と言われる事も喜びの一つです。

クリニカルスペシャリストになる方法

一般向けにあまりないクリニカルスペシャリストの仕事。

まず、転職サイトやハローワークなどの求人希望を出します。看護師転職サイトに登録して求人を探して貰う事が最も早い求人検索の方法かもしれません。

まとめ

クリニカルスペシャリストについて理解できましたか?

憧れのスーツにパンプスで働くことが出来るかもしれません。コミュニケーションスキルや説明能力を養い、看護師としてスキルアップを見込める職場です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「科目別説明~仕事内容・大変なところなど」の関連記事