第二新卒看護師の需要【3年以内の退職が多いけどあきらめないで!】

第二新卒看護師の需要【3年以内の退職が多いけどあきらめないで!】

第二新卒看護師とは、始めて看護師として働き始めて3年以内に退職してしまう若い看護師を指します。

その期間は、入職数か月という事もあり、その三年の経験の差は多く、数カ月であれば、看護師としての一からの教育が必要で、三年ぎりぎりであれば、それなりに経験を積み即戦力とまではいかなくとも働けるまでの成長があります。

経験年数により、対応や需要が異なる第二新卒看護師の現場での需要や、受け入れの現状について調べてみました。

現場での第二新卒の受けとめ

現場では、中途採用や経験者について、即戦力と求める職場が多くあります。仕事をある程度経験すると、その職場の風土や診療や看護方針があり、その企業に染まってしまいます。

そして、転職してきた際の職場に溶け込めない原因となることがあります。

「前の職場はこうしていた」「こんなこと、今でもやっているの」「なんで、こんなことをするの」「現在の医療や看護は、、、」などと、転職してきた看護師が、違和感や疑問を投げかけることがあります。

そのこと自体は、より良い方向へ改善出来るきっかけとなることもありますが、その前職のカラーが強すぎると、現任の看護師との不協和音が発生し、今の職場に馴染めない、受け入れられないという事もあります。

このようなことが無いように、全て一から教えられる新卒看護師の起用を考える職場もあります。

看護師の需要

第二新卒
経験浅くして退職してしまう看護師は多くいます。
退職者を見込んで、定員以上に採用している職場もあります。
また、仕事が原因ではなく結婚、出産、育児などで現場を離れる看護師もいます。

よって、全国的に看護師の絶対数は不足し、看護師の募集はどこかしら出るように行われている状態です。
そして、経験の有無に関わらず、看護資格を有する人であれば、経験不問で雇用し、再教育する現場も多くなっています。

一昔前であれば、もしかして続かないかもしれないと嫌煙されていた第二新卒看護師でも、再教育の意識から採用される現場が増えているのが現状です。

諦めないで、転職

第二新卒看護師でも活躍できる現場が増えていると前述しました。総合病院、大学びょ院、国公立病院、企業や団体の経営する大病院など、教育体制を整えた職場が、経験の少ない若い看護師を求めています。

再教育する事で長く勤務してもらおうという職場が多くあります。

また、看護師教育とは厳しいものと思われてきましたが、教育計画や教育方法の見直しら、教育者の指導が行われるようになり、新人看護師への教育の風当たりは柔らかくなっている現場が多くあります。

離職率低下を目指して企業努力する職場が増えているという事です。

まとめ

第二新卒看護師への期待は高まっています。
若いための、きちんと教育を行えば、吸収が早く、戦力になりやすいと捉えられているからです。

遣り甲斐ある職場を見つける為には、求人を見つけたらすぐに飛びつくのではなく、一旦冷静に考えてみましょう。
本当に自分に合っているか、待遇や休暇、福利厚生で厳しい面は無いかどうか?

第二新卒看護師の需要の高まりが感じられます。
求人数が、他職種と比較して多くある分、冷静に一呼吸おいて転職先を考えるべきでしょう。

転職を考えている看護師さんに

病院での看護業務はとても忙しく、重労働や夜勤が苦痛、人間関係が厳しすぎるなどが原因で看護師を辞めたくなる人も少なくありません。
しかし、職場環境によってはもっと心にゆとりを持って働くことができる場合もあります。
どうしようもなくなった時は職場を変えてみるのも選択の一つでしょう。

看護転職サイトを利用するという選択肢

忙しい看護師さんの代わりに求人を探してくれるというだけではなく、サービスによっては専任のアドバイザーが親身に話を聞いてくれたり、事前に職場の雰囲気などをリサーチしてくれるところもあります。

  • 信頼と実績があるブランド
  • 全国の看護師転職求人に対応
  • 幅広い勤務先や職種・条件も網羅
  • 履歴書や面接対策、待遇・給与交渉などの徹底サポート

▽ 以上を満たした看護師転職サイトはこちら ▽

専任アドバイザーの方との相性トラブルを回避するために、信頼度の高い看護師転職サイト2~3つに登録して相性のいい担当者さんを見つけるようにすると、よりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。
関連記事

看護師になるための情報を全て表示

全ての看護師コラムを表示