HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 看護師になるにはいくらかかる?看護学校の学費まとめ

看護師になるにはいくらかかる?看護学校の学費まとめ

看護師になるために必要な費用として、資格を取得するための進学の費用が考えられますが、進学先により学費も違います。経済的負担を少なくするために奨学金を利用したり、働きながら資格を取得する方法もあります。

看護師になるために必要な費用はいくらくらい?

まず、看護師になるためには資格の取得が必要になります。
資格を取得するためには専門の学校を卒業することになるのですがいくつか種類があり、専門の看護学校を卒業するか看護大学を卒業するという、大きく分けて2通りの進学方法があります。

この両者での学費を比較した場合、まず大学の場合でしたら私立大学と国公立大学があり私立大学の学費は4年生で平均500万円程であり、国公立大学の学費の場合でしたら200万円程となり、学費の差は約2倍近くあることになります。

では専門学校の場合の学費はどうかと言いますと、こちらも同じく私立と国公立があり私立の場合は約300万円程であり、国公立の場合は約150万円。こちらも私立と国公立とでは約2倍の学費の差があることになります。

学費に関してはこれくらいかかるということですが、実際に進学するとかかる費用はそれだけではありません。通学をするとなると自宅からの距離にもよりますが交通費がかかります。また下宿をすることになったら生活費も必要になります。また学校によっては学費とは別に実習に必要な費用、教材費などもあります

各種団体が設けている奨学金制度を利用する

8--26

学費やその他の費用を含めると卒業して資格を取得するまでにかかる金額はかなり高額なものであると言えます。一般の大学でも導入されているように各種団体から奨学金制度が導入されており、看護系の学校にもそれが適用出来ます。経済的にも負担が大きいと考えるのなら、自分に合った奨学金を探してみることも出来ます。

奨学金制度は日本学生支援機構という団体によるものの他に、いろいろな病院でも採用されています。日本学生支援機構の奨学金は学費としての利用が出来ますが、それぞれの病院から利用出来る奨学金は利用方法はさまざまです。
学費ではなく生活費に充てることも出来ます。

進学を考えることが経済的に厳しい人は日本学生支援機構とそれぞれの病院のいずれからも奨学金を利用することも可能です。
病院の場合は奨学金を利用した病院で働くことで奨学金の返済が免除される制度もあり、将来の働き方次第で奨学金の返済の負担も少なくなります。

准看護師として資格を取得し働きながら正看護師となる

看護師として早く働きたい人は、高校のうちから看護科に進み准看護師としての資格を取得し、病院で働きながら養成所に通うことで正看護師の資格を取得することが出来ます。
この場合でしたら養成所の学費が約100万円から150万円であり金銭的な負担は少なめです。専門の学校と違い通信教育や夜間部の通学で日中は病院で実際に勤務することも出来ます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師になるための情報」の関連記事