HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 保健師助産師看護師法とはどんなもの?【内容や法の対象について】

保健師助産師看護師法とはどんなもの?【内容や法の対象について】

保健師助産師看護師法とは、これらの職業の資質向上をもってして、医療及び公衆衛生の普及向上をはかることを目的とした法律です。
そしてこの法律の中では、それぞれの資格に関する情報や条件、資格の名のもとに行うことができる業務内容、また守るべき条項などが書かれています。

そのため、これらの資格取得を目指す人、または実際にこれらの資格を有している人は、大まかなりともこの法律の内容を把握しておくことが必要です。

保健師助産師看護師法とは

医療職には様々な資格があり、それぞれに応じた法律も制定されています。
そしてその法律の中では、資格を取得するための条件やその資格の名のもとに行うことができる行為、業務を行うに際して守るべき事柄、それを守らなかった場合の罰則などがこと細かに書かれています。

保健師助産師看護師法もそうした法律のひとつで、保健師、助産師、看護師に対するこうした情報がまとめられています。

保健師助産師看護師法の詳細な内容

5--20

この法律は、昭和23年に制定されたものが基本となっています。
そして時代の要請を受けて、適宜、改正が行われています。

法律は全5章、全45条から成立しており、まず第1章の総則では、この法律の目的とそれぞれの資格者の意味が説明されています。

第2章は免許についての説明が記載されており、それぞれの資格を取得するために必要なこと、また資格を与えるに値しない条件、これを破った場合の罰則、罰則に至るまでの経緯に必要なことなどが説明されています。

第3章の試験は、それぞれの資格を取得するための試験を受ける条件などが記載されています。そして第4章の業務では、それぞれの資格が、その資格においてどう言った業務を行うことができるのか、また守秘義務の鉄則についてが書かれています。

第4章には雑則があり、ここでは必要な場合には、厚生労働省による関連機関の立ち入り検査を認める旨が記載されています。最後の第5章は罰則の項で、それぞれの章で記載されていた約束事を守らなかったものに対する罰則の詳細が説明されています。

保健師助産師看護師法の対象は誰か

この法律を、一般の人が見ることにまったく意味がないと言うことはできません。
正しい医療を受けるためには、一般の人であってもこうした専門法律に目を通すことは非常に大切なことです。

しかしやはり、この法律のいちばんの対象は、こうした資格取得を目指している人、または実際にそうした資格を有している人だと言えます。そうした人たちが、この法律内容を把握しておくことは、資格取得のためには欠かすことができないことですし、定められた業務を行うために必要なことだからです。

そしてこのことは、ひいては自分の身を守ることにもつながるためです。ですから、一言一句、覚える必要はありませんが、大まかな内容は把握しておくことが求められます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師になるための情報」の関連記事