HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 看護師と准看護師の違いについて【給料や仕事内容を比較】

看護師と准看護師の違いについて【給料や仕事内容を比較】

看護師には准看護師と看護師の2種類があります。

看護師が看護学校を卒業し、国家試験を受けて合格しなければならないのに対し、准看護師は准看護学校を卒業して都道府県知事の発行する資格を取得する必要があります。

准看護師について

准看護師は看護師の指示に従って業務を行い、補助業務が主な仕事となっています。
ただ、慢性的な看護師不足の現状の中、実際の現場では名称に違いはあるものの同様の業務内容をこなしているのが現状です。それでいて収入は看護師よりも低めなのです。

看護師の平均年収は450万円ほどですが、准看護師の給料は400万円弱です。50万円ほどの開きがあるのです。労働時間はほとんど差がなくても収入差・待遇差は大きいのです。

准看護師は同じ仕事をしながら給料が低めという特性から個人経営をしている診療所やクリニックなどで雇用される場合が多いです。
クリニック側としては人件費が抑えられるというメリットがあるからです。

看護師の方が有利

5--23

大きな病院にも採用枠はあるものの、看護師を採用するほうが診療報酬が高めになるので看護師を起用する方が多くなります。
仕事内容は同じでもこういった事情から職場に違いは出てくるのです。

看護師の方が給料も多く、更に管理職に就くこともできるため更に給料アップを望むこともかのうです。そのため准看護師から看護師を目指す方も多くいます
ただ、看護師として働くとなるとそれなりの責任を負わなければならなくなります。
同じ職場で同じ業務内容で働いていたとしても何かトラブルがあった場合は看護師の方が責任は重大です。

業務負担も重いケースも多く、子育てと仕事を両立しながらというのは難しいです。
そのためあえて准看護師のままでいようとする方もいます。

看護師になる為の方法

看護師となるための国家試験を受けるためには3年制の看護学校や4年制大学の看護学部を修了しなければなりません。しかしながら准看護師の場合2年制ですし、高校の衛生看護課程を修了すれば受験資格が得られます。

ナースとなってからの収入の前に、より早く、より安い学費で看護師の仕事につきたいと目指す人もいます。修学年数や目指す試験の違いから看護師の方が学ぶ内容も多く、資格を得るために費やされた時間やお金などの労力の差が就職後にも待遇差として反映されているのです。

どちらもメリットデメリットがあるので、それを知った上でどちらを目指すほうがよいか考えましょう。働きたい場所によっても目指す資格は違ってきます

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師になるための情報」の関連記事