HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 看護師を目指す人が知っておきたい緩和ケアのまとめ

看護師を目指す人が知っておきたい緩和ケアのまとめ

緩和ケアというと、死期が近い人に行われるケアというイメージがありますが、実はそうではありません。

多くの人が混同しやすい緩和ケアについてまとめていきます。
 

緩和ケアってなに

1990年にWHOが定義づけた緩和ケアとは、「治癒不能な状態の患者および家族に対して行われるケア」といったものでした。

しかし、WHOが2002年に定義づけた緩和ケアは、「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関してきちんとした評価を行い、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、QOLを改善するためのアプローチ」とされています。

つまり、ターミナル期でなくても、QOLを改善するために緩和ケアが必要となってくる場合があるのです。

緩和ケアではどのようなことをするの

患者さんとのコミュニケーション
緩和ケアでは、痛みなどの苦痛から解放するように援助を行います。

例えば、がんによって疼痛がある場合には、モルヒネなどの薬剤によって疼痛をコントロールすることもそのひとつです。また、精神的な苦痛に対してもケアを行っていく必要があるので、臨床心理士や音楽療法などを活用していくこともあります。

一方、緩和ケアの基本的な考え方は生命を尊重し、亡くなるということを自然の過程だとしています。

そのため、人工的に死期を早めたり、引き延ばしたりはしません。患者さんとその家族の苦痛が少なく、死ぬということを受け入れられるように援助していきます。

緩和ケアを受けることでどうなるか

このような緩和ケアを受けることによって、患者さんはQOLを高めて、最期まで自分らしく生をまっとうしやすくなります。

また、患者さんの家族も、患者さんが亡くなったあとの生活に適応しやすくなるというメリットがあります。


このように緩和ケアとは、病気の早期からあらゆる苦痛を取り除き、QOLを高めるように援助していくことです。

死期が近い人ばかりに行われるわけではないので、混同しないようにしましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師になるための情報」の関連記事