HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 「個別性」を出すためのレポートの書き方

「個別性」を出すためのレポートの書き方

看護学生が提出するレポートで、よく指導されるのが「個別性」です。

病院実習が初期の看護学生にとって、この「個別性」というものがよくわからずレポートの書き方に困ってしまうこともしばしばあります。
 

「個別性」ってなに

「個別性」とは、患者さんの看護を提供するにあたって、その患者さんにあわせた手技や関わり方のことです。

例えば、病院実習ではいろいろな種類のレポートを提出しますが、多くの看護学生は手技に関するレポートを使いまわします。

しかし、レポートを使いまわしていることは、先生や指導者さんには一目でわかるものです。そこで、「個別性が足りない」と指導されてしまいます。

「個別性」を出すために必要なこと

それでは、どのようにレポートを書くと「個別性」が足りるのでしょうか。それは、技術のレポートであっても、患者さんの情報を付け加えることです。

基本的な看護技術はどの患者さんにも共通しますが、看護学生が受け持ち患者さんと関わるにあたって、必要な注意事項を追加すれば良いのです。

もしも受け持ち患者さんとまだ会っていない状態でレポートを書くのであれば、患者さんの疾患などの情報から想定される「個別性」と書くと良いでしょう。

「個別性」を出すと看護が提供しやすい

看護
この「個別性」をあらかじめ考えておくことで、実際に看護を提供する際、大いに役立ちます。

例えば、はじめて会った患者さんにはじめて行う看護を提供する際、緊張したり、失敗したり、あとからこうすれば良かったと反省することがありますよね。しかし、何度か同じ患者さんに同じ看護を提供すると、最初に提供した看護よりもずっと上達しているはずです。

これは、慣れてきたということもありますが、徐々にその患者さんに合わせた看護を習得しているからです。

「この患者さんは、こうすると体位が楽と言っていたから」「この患者さんは、ここに注意すると失敗しにくくなるから」と試行錯誤した結果、看護が上達しています。

これを最初に想定しておくことによって、はじめて会った患者さんにはじめて行う看護でも、「個別性」を考えていないで実施したときよりも上手にできやすくなるのです。


レポートを書くことや「個別性」を出すことは、労力の要ることですがちゃんと意味を持っています。

しっかりと「個別性」を考えてから看護を提供することは、患者さんのためなので、看護を提供する前にしっかりと考えるようにしましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師になるための情報」の関連記事