HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 国家試験や資格取得の難易度は?最短でナースになる方法

国家試験や資格取得の難易度は?最短でナースになる方法

日本の医療機関でナースとして働くには准看護師になるか正看護師になるかの二択がありますが、これからナースを目指すのであれば正看護師の取得を目指すのが良いでしょう。

都市部においては正看護師であることを採用条件にしている医療機関も出始めてきており、いつかは正看護師がスタンダードになる日が来るかもしれないためです。

ナースになるための道のりについて

ナースとして医療機関で働くためには看護師の資格を取得するための国家試験に合格する必要があります。

その国家試験の受験資格は大学の看護学科などで取得が可能ですが、専門学校などでも国家試験の受験資格を得ることが出来ます。

そのため高校卒業後3年が最短の道のりであると言えるでしょう。

看護学校の入学にはそれ相応の学力が必要になりますのでしっかりと勉強をする必要があります。
その意味では最初の関門は看護学校の入学です。

国家試験の難易度について

shiken

ナースとして働く喚問の一つに看護師国家試験がありますが、この資格を得るための国家試験は9割以上が合格となっていますので看護学校を卒業できるレベルにある人であれば十分に合格可能な範囲にあります。

万が一合格できなくても何回でもチャレンジすることが出来ますので真面目に頑張ればいつかは合格できるとも言えます。

国家試験に合格する見込みの無い学力では看護学校の卒業そのものが難しいため、まずは看護学校の卒業を目指すことになるでしょう。

そのため国家試験の難易度としてはそれほど高いものではありません。

ナースの資格と今後について

ナースの持つ資格は准看護師か正看護師です。

かつては医療現場の人材不足を補うために准看護士が多く育成されてきましたが、近年の医療の高度化に対応していくために高度な教育が可能な正看護師を中心に進めていく方針が押し進められています。

そのためこれからナースを目指すのであれば正看護師を目指すべきでしょう。

看護師は有資格者数だけで見れば非常に人数が多いのが特徴ですが、非常に心身に負荷のかかる仕事であることに加え、女性が大半の職場ということもあり、結婚や妊娠、子育てなどのライフイベントで人材の移動が非常に頻繁に行われるのが特徴になっています。

そのため各粉現場になることが少なくなく、大変な思いをしてしまうこともあるでしょう。

しかしどのような医療機関も少しでも負担を低減するために人材は豊富に投入しようとしていますので、快適な職場に向かって動いて行くでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師になるための情報」の関連記事