HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 授業が暇だと感じてしまう看護学生が知っておくと良いこと

授業が暇だと感じてしまう看護学生が知っておくと良いこと

看護師を目指して学校へ入ると、学校では様々なことを学びます。看護の分野は範囲が広いので、どうしても自分の興味のあるものと、そうではないものにわかれてしまいます。そのため、好きな授業もあれば、苦手分野や暇だなと感じてしまう授業も存在します。

暇な授業は聞いていないという人も多いですが、あとから苦労しないためにも勉強できるものは勉強できるうちに吸収しておいた方が良いです。
 

どうして授業が暇に感じるのか

自分の興味のないものは退屈に感じてしまいます。なぜなら、好きではないことや、わからないということは、聞いていても無駄だという感情ができてしまうからです。

そのため、そのような分野の授業では、眠くなってしまうようなこともあります。

暇な授業の過ごし方

そのような暇な授業を受けている学生は、眠ってしまったり、他のことをやってその時間をしのぐという人が多いです。

これは、多くの人が経験のあることだと思いますが、実はもったいないことをしているかもしれません。

本当に不必要な授業はほぼありません

勉強
なぜなら、その授業を受けることができるのはその時間しかないからです。学生のほとんどが、暇だと感じる授業の内容はほとんど覚えていません。しかし、あとから役に立つことだってあるかもしれないのです。

例えば、多くの人が苦手意識を感じる薬剤についての授業では、聞きなれないカタカナが多く、覚えることが簡単ではありません。そのため、授業を聞いているうちに興味をなくし、「薬の専門は薬剤師だから、看護師になりたい私には関係ないわ」と思う人もいます。

つまり、自分には関係ないと思っているのです。しかし、その後の病院実習や看護師になってから、薬剤の機序について患者さんから聞かれるかもしれません。

そのときに、「ああ、ちゃんと授業を聞いておけばよかった」と思うことのないよう、勉強できるものは勉強しておいた方が役に立ちます。


このように暇だと感じる授業でも、あとから自分のためになることもあります。このことをしっかり知っておくことによって、授業に対する姿勢が少し変わってくるでしょう。勉強は自分のためにするものです。

あとから後悔しないよう、学生のうちはしっかりと知識と経験を蓄えましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師になるための情報」の関連記事