HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 倒れる前に知っておきたいことのまとめ

倒れる前に知っておきたいことのまとめ

看護学生の中には、病院実習中に倒れてしまう人もいます。
それは、手術や処置を見学しているときに起こりやすいですが、あらかじめそれらを予測し、倒れそうになった場合の対処法を覚えておきましょう。
 

倒れてしまう原因とは

倒れてしまう原因には、貧血や低血圧、神経性のものなどがありますが、精神的なものもあります。看護学生が手術や処置などを見学したときに倒れてしまうのは、精神的なものや貧血によるものなどが多いです。

特に生理中などには、貧血をきたしやすいので、より注意が必要です。

あらかじめ予測しておくことが大切

事前予測しておく
このように体調によっては、どのようなときでも倒れてしまう可能性があります。
貧血気味の人は鉄分を多く摂るようにして、貧血を予防しておくと良いです。

また、看護学生は受け持ち患者さんのスケジュールを把握しておき、はじめてみる手術や処置などでは、見学による精神的ストレスが大きくなると予測されるので、特に注意が必要です。

準備としては、患者さんに何が行われるかしっかり予測することが大切です。

例えば、胸腔穿刺を翌日に控えている場合には、どのような処置なのか、どのように行われるのかをあらかじめ知っておくことで、精神的なストレスを軽減することができます。

その処置をみて倒れるかどうかはそのときの体調にもよりますから、必ずはじめて見学するものに関しては予習しておくと良いです。

倒れそうになってしまったら

予習をしていても見学中に気分が悪くなったときに、一番大事なのは頑張らないことです。

少しでも気分が悪くなったら、すぐにしゃがんで倒れるのを防ぎましょう。もしも倒れてしまうと、倒れた本人が頭などを打って怪我をすることもある上、患者さんに必要な処置の道具が不潔になったり、患者さんに怪我を負わせてしまうなどの危険があるためです。

歩けるようであれば、近くの看護師などに声をかけて退出すると良いでしょう。


このように看護学生が病院実習で倒れてしまう原因は、精神的なものが大きいです。

そのため、あらかじめ見慣れない手術や処置に関しては、予習をしてストレスを軽減するよう心がけましょう。もしも倒れそうになってしまったら、自分や患者さんを守るために、すぐにしゃがんで転倒しないよう対処すると良いです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師になるための情報」の関連記事