HOME > コラム > 看護師になるための情報 > 第二新卒看護師の転職のポイント【3年以内に退職してしまった!】

第二新卒看護師の転職のポイント【3年以内に退職してしまった!】

看護学校を卒業し、就職したものの3年以内に退職してしまった看護師のことを第二新卒看護師と言います。
短い看護師では経験2~3カ月、長くても三年未満の経験となります。

数か月の経験では、次の雇用側からみると新人同様、三年程度の経験であればある程度看護が出来る人材と評価が分かれます。
いずれにせよ、十分な経験があるわけではないのが現状です。

また、そのような看護師に見られる傾向として、看護職以外への転職です。
しかし、せっかく大変な思いをして、期待看護持って看護学校を卒業したわけですから、容易く看護業を諦めてほしくありません。

看護師として再起する、第二新卒としての転職についてまとめてみます。

第二新卒看護師としての転職について

看護師の離職率と言うものは、求人数の多さや転職のし易さから高いとわれています。職場の人間関係、仕事内容、健康状態の悪化、過酷な労働条件、結婚や出産など、退職理由は様々です。

新卒歓迎でも、理由あって退職してしまった第二新卒は、お断りという職場もあります。

第二新卒が敬遠される理由

・新卒ではない
新卒ではなく、前職の雰囲気や風土になれてる、ということで、扱いにくい部分がある。前職の方針に馴染んだりしていると、それが基盤となっている為、前職と比較したり、「こうだった」「あぁだった」と不満や問題が起きる場合があります。

雇用側からすると、まっさらな状態で、自分の事業所の方針や指針に染められる新卒を起用したいのです。

また、退職理由によっては、雇用しても続けないのではないかと言う疑いを持たれて当然です。人間関係に馴染めない、仕事が過酷で健康を害した等の理由では、雇用してここでは耐えられるという保障がありません。

看護師として働いたというプライドの高さと実戦力の未熟さから扱いにくさもあり、雇用を嫌煙されることもあります。

時に、経験が浅く退職してしまった既卒看護師は、深記載良職員より待遇が悪くなる場合もあります。

第二新卒歓迎求人

ベッド
第二新卒で、看護に自信を無くした看護師、看護師として再教育を必要とする看護師を歓迎する求人もあります。

例えば、ケアミックスや療養型病床、老人ホーム系の介護関連の施設、保育所や企業看護師の仕事があります。また、最近では、大学病院や自治体病院などの公立病院における第二新卒看護師の再教育を試みる病院も多くなりました。

それは、看護師の絶対数の不足にあります。
第二新卒看護師が増加したことや、看護形態を7:1で取りたいことによる人員増加の必要性などの理由があります。

第二新卒として転職するために

第二新卒者は、経験が浅いと言うのが全員の共通点です。
キャリアを積む、正しい知識を得るという面でも、教育支援や研修制度の充実した職場に再就職する必要があります。

キャリア開発支援や中途採用者の教育体制について調べることと、プリセプター制で悩んだ看護師であれば、教育方法を調べておき、その教育支援に適応できるかどうかを考える必要があります。

どのような仕事を、どのようか環境でしたいのか、自分はどのような看護師になりたいのかを考えて転職活動をする必要があります。

まとめ

第二新卒者の扱いについて、優遇、冷遇とその方法に事業所の考えが反映されると言う事を理解して転職すべきです。

時に、求人に新卒・第二新卒歓迎と銘打って求人を行う職場もあります。
そのような職場に一度、見学やインターンシップなどのアプローチをかけることも転職成功のカギかもしれません。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師になるための情報」の関連記事