HOME > コラム > 看護師の仕事 > 後から後悔しないために!30代から始めるナースのお仕事

後から後悔しないために!30代から始めるナースのお仕事

大学を卒業し、一回社会経験を積んだ後に、看護師になろうと思って学校に通う人がいます。
やはり女性が手に職を付けることの大切さを実感するのでしょう。

しかし、実感をして看護師になったからこそ、強い意志を持って働くことができるのです。
しかし、年齢を重ねた後に若い看護師と混じって働き始めることは決して簡単なことではありません。

まずはつらい学生生活を乗り切ること

看護学校は准看護学校は2年間、性看護学校は3年間、そして大学を選択すれば4年間勉強して看護師の資格を得ることができます。

その間には決められた実習などをこなさなくてはならず、身体的にも精神的にも一番つらい時期かもしれません。

特に社会人から看護学校に入った人は、ほかの高校卒業から看護学校に入った人に比べ、社会経験もあり、社会人マナーや知識も豊富です。

そのために、学校の実習グループの中ではまとめ役になったり、班長になったり、役割をあたえられることもあります。

そのために、看護師になるための学生生活がナースになるための第一関門です。

30代という年齢は不利なのか

看護師4

最近では一旦社会で仕事を経験した後にナースを志す人が増えています。

その理由はもともとのナースになる夢をあきらめたくなかった、また自分の人生を後悔したくないという人もいます。

また晩婚化が進んでいる現在において30代になると、もしかするとこのまま自分は一人で一生生活をするのではないか、そのためにはやはり専門職を志す方がよい、あとで後悔しても勉強をすることは難しいから、今のうちにと考える人もいるのです。

ナースというのは決して楽な仕事ではありませんが、30代になって社会経験を積んできたからこそできるマナーであり、患者さんへの配慮でできることもあるのです。

そのために30代になってナースを目指すことは不利にはなりません

後悔する働き方はしたくない

ナースの働き方には、病棟勤務やクリニック勤務などいろいろあります

しかし、まずナースとしての知識をしっかり身につけるためには、夜勤もあるような病棟勤務が良いのではないでしょうか。

特に救急病棟や手術室勤務になると、看護の知識をしっかり学ぶことができますし、今後どこに行ってもいろいろな病棟で働くことができるでしょう。

後悔をしない働き方をするために、はじめはきついところを選択して働く方法もおすすめです。
将来的にもっとスキルアップした自分を目指すことができるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の仕事」の関連記事