HOME > コラム > 看護師の仕事 > 皮膚科病棟は働きやすいです

皮膚科病棟は働きやすいです

皮膚科は外来というイメージが強い診療科目ですが、入院病棟もあります。
そこでは、他の診療科目とは違った特徴を持っており、病棟で勤務する上では比較的働きやすい環境といえます。
 

皮膚科病棟の特徴

皮膚の疾患は、アトピーをはじめイボやほくろなど、多くの人が抱える悩みでもあります。しかし、そのような疾患の多くは外来で治療を行うため、入院することはほとんどありません。

そのため、皮膚科における病棟では、点滴をたくさん必要とする患者さんや特別な処置が必要な患者さんが入院しています。

また、皮膚の疾患を抱えているのは、幅広い年齢層の患者さんがおり、皮膚科病棟は比較的日常生活が自立している患者さんが多いという特徴を持っています。

皮膚科病棟ではこんな患者さんがいます

ベッド
皮膚科病棟で入院している患者さんに多いのは、帯状疱疹や蜂窩織炎、類天疱瘡などの疾患の方です。

帯状疱疹は体の抵抗力がおちてきたときに発症する病気なので、比較的高齢の方が多いですが、どの年代の方もかかる可能性があるため、幅広い年代の方が入院しえます。

皮膚科病棟の看護

皮膚科病棟における看護では、主に疾患の症状を緩和するためのケアと医師の指示による薬剤の投与です。

例えば、帯状疱疹では抗生剤の点滴を一日に3回行うことが多いので、帯状疱疹の患者さんが入院してきた場合には、留置針を入れて点滴の準備を行います。また、痛みが強い場合には痛みを抑える薬剤の指示をもらっておくことで、患者さんの希望に合わせた看護が提供できます。

一方、類天疱瘡では薬剤の塗布や包帯の交換を行っていきます。この場合、看護師は医師の介助を行ったり、一緒に行っていくことが多く、看護師のみで行うことは少ないです。

また、蜂窩織炎の患者さんでは、患部が腫れたり痛みを伴うものなので、定期的にアイスノンなどを準備し、疼痛の緩和に努めます。病棟の多くでは、時間ごとにクーリングをするようにしていますが、患者さんからの希望があればいつでもアイスノンを交換していきます。


このように皮膚科病棟では、複雑な検査や処置が少なく、患者さんも日常生活が自立していることが多いので、働きやすいと言えます。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の仕事」の関連記事