HOME > コラム > 看護師の仕事 > 脳ドックってどんなことをするの【スムーズな流れを作るのが看護師の仕事】

脳ドックってどんなことをするの【スムーズな流れを作るのが看護師の仕事】

物忘れや頭痛などの自覚症状から、脳の健康を気にしている人は少なくありません。そのため、健診センターでは、脳を中心にみる脳ドックを実施している施設が多くあります。

今回は脳ドックについてご紹介します。

脳ドックで行う検査とは

脳ドックで行う検査は、施設によって多少違いますが、脳MRI検査、心電図検査、採血検査、頸部エコー検査を行っているところがほとんどです。脳のMR検査を行うことによって、脳血管に異常がないかや脳実質に異常がないかをみることができます。

心電図検査では、その波形から心臓の異常を読み取ります。
採血では、生活習慣病のリスクを知ることができるので、血糖値や脂質、尿酸値など動脈硬化を起こしやすい要因をどの程度持っているかがわかります。

これは、動脈硬化のリスクを知ることで、脳血管疾患へのリスクやその対策を知ることができるため行われる検査です。

また、頸部エコーを行うことによって、頸動脈の血管に異常がないかを調べます。
動脈硬化を起こしている場合には、比較的太い頸動脈にはプラークがみえたり、血管の内膜が厚くなっているのがわかります。

脳ドックでわかる病気とは

このような検査からわかる病気は、脳梗塞、脳動脈瘤、くも膜下出血などの病気や脳腫瘍などもみつけることができます。

また、採血では糖尿病、脂質異常症、痛風、肝機能障害などの生活習慣病、心電図では左室肥大、狭心症、心筋梗塞などがわかります。

また、頸部エコーでは動脈硬化の程度をみることができると同時に、甲状腺を一緒にみることもあります。甲状腺腫やびまん性甲状腺炎などをみつけることも可能です。

脳ドックにおける看護師の役割

アクセサリー
このような脳ドックにおいて、看護師が行うことは問診、採血、心電図検査などです。MR検査は放射線技師が、エコーは検査技師や放射線技師が行います。

問診で大切なことは、金属類の確認です。
MRは磁器の機械なので、金属類をつけたまま検査をすることはできません。

そのため、アクセサリーなどは外すよう伝え、体内金属の確認を行います。加えて、MRは閉所恐怖症の方はつらい検査になります。特にはじめてMR検査を受ける人には、しっかり聞いておきましょう。

このように脳ドックは、脳を中心とした様々な病気がわかります。
看護師としては、検査が安全に行われるように問診を行いそれを他職種に伝えていくことと、採血などの検査の実施です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の仕事」の関連記事