HOME > コラム > 看護師の仕事 > 看護学生が採血で失敗しにくくなる方法のまとめ

看護学生が採血で失敗しにくくなる方法のまとめ

最初に採血をするときは誰しも緊張しうまくはいきません。
しかし、コツを知っておくと失敗しにくくなります。

今回は看護学生が採血でうまくいくコツを紹介します。
 

採血は最初誰でも緊張する

看護師になるための学校では、最初は清拭や体位変換などの技術から学んでいきます。しかし、注射をしたり採血をするといった姿に憧れて看護師を目指す人も少なくありません。

学校で採血の授業を学ぶとき、わくわくすると同時に緊張する人が多いです。
なぜなら、採血は人に針を刺すため苦痛を伴う行為だからです。

最初は人ではなく、血管の模型などで採血の練習をしますが、それでも最初に針をつかうときは誰でも緊張します。

採血でうまくいくコツ

採血準備
はじめての採血は、うまくいくものではありません。
採血をうまくするためには、みっつのコツがあります。

ひとつめは、準備と手技をしっかりと身に着けることです。

最初は、授業で習ったように物品をそろえていきますが、そのとき何のために使うのか、いつ使うのかということを念頭におきながら物品の準備をすると、その後の流れをつかみやすくなります。

そして、ただやみくもに練習するのではなく、しっかりと手技の流れを何度も確認することが大切です。これは、学校じゃなくても自宅などでできるので、できるようになるまで手技の流れはしっかりと把握すると失敗しにくくなります。

ふたつめのコツは、血管の探し方です。

採血での失敗の多くは、血管に針が入らないことです。手技もありますが、血管の位置を確実に探すことができるようになると、採血での成功率があがります。血管探しの練習は、友達同士ですることができるので、声を掛け合うと良いです。

そしてみっつめのコツは、駆血帯の巻き方です。

駆血帯は巻けば必ず血管がでるというわけではありません。きつすぎると静脈まで駆血してしまい血管がでにくくなりますし、ゆるすぎると動脈が駆血できずに血管は怒張しません。

そのため、対象者の腕の太さに合わせて駆血帯の巻き方を工夫すると採血が成功しやすくなります。

採血がうまくなるためには練習を繰り返すこと

また、血管は人によってさまざまです。たくさんの人に採血をすることによって、腕も上達していきます。

しかし、学生のうちは採血を行う機会も多くはありません。まずは、手技やポイントをしっかり押さえて、できる限りの練習をすることが大切です。


このように学生にとって採血は、緊張する手技のひとつですが、コツをおさえ練習することによって、失敗しにくくなります。

採血は看護師になってからも行うことが多い手技なので、学生のうちから手技を確立しておくと良いです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の仕事」の関連記事