HOME > コラム > 看護師の仕事 > 看護師に必要な優先順位の考え方

看護師に必要な優先順位の考え方

看護学生はよく優先順位について指導がされることが多いです。しかし、この優先順位は看護師になってからも大変重要です。

今回は看護師を目指す人や看護学生が知って得をする優先順位についてまとめます。
 

優先順位をつけることがなぜ大事か

看護師において優先順位をつけることは、患者さんのためにも自分のためにも必要です。なぜなら、優先順位をつけることによって、業務が重複したときにすぐに動くことができるからです。

特に看護師は業務が多く、時には重複してしまうこともあります。そのため、優先順位をしっかりつけて、効率良く動く必要があるのです。

また、優先順位を間違えてしまうと、患者さんに危害が加わってしまうこともあるので注意が必要です。

患者さんのために必要な優先順位とは

患者
現場での患者さんのために必要な優先順位の考え方は、第一に生命の危険の有無、第二に患者さんのスケジュールという視点で考えるとよくわかります。

まず、生命の危険については、命をあずかる身として一番大切なことです。
患者さんがもしも急変してしまったとき、すぐに対処しなければ死んでしまうかもしれません。具体的には、患者さんが苦しんでいるときに、環境整備は行いませんよね。

そして、患者さんのスケジュールという視点では、検査や手術、患者さんとの約束事などが挙げられます。

患者さんはより健康になれるために入院していますから、それに必要なことはないがしろにできません。

自分のために必要な優先順位とは

自分のために必要な優先順位を考える前に、一日の行動を組み立てておくと、いざというときに動きやすくなります。

例えば、当日の受け持つ患者さんすべてのスケジュールを、時間が決まっているものとそうでないものに振り分けます。そして、時間で行わなければいけない業務が重複してしまったときには、どちらが大切なイベントなのかを把握した上で、優先順位をつけていくのです。

そうすることによって、重複してしまった業務は他の人にお願いすることができるので、患者さんだけではなく看護師自身も助かります。


このように優先順位を考えることは、患者さんのためにも看護師自身のためにも必要です。

優先順位をしっかりつけて、患者さんに安全な看護を提供しましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の仕事」の関連記事