HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 看護師がアパレルに転職する上で気をつけたいこと【看護師資格はどうする?】

看護師がアパレルに転職する上で気をつけたいこと【看護師資格はどうする?】

看護師がアパレル系に転職するならば、年齢、コミュニケーションの仕方の違い、資格はどうなるか、などについて気をつけておいたほうが良いです。

看護師のコミュニケーション能力がアパレル系の接客業務に役立つと言っても、患者さんとお客さんに接するのでは全く勝手が違うからです。

転職する年齢に注意

看護師からアパレル系に転職するならば、年齢の上限も考えておいたほうが良いです。

アパレル系は年齢の高い人を取ることもありますが、ほとんどは20~30代の若い人を取ります。
一般的に言っても、他業種に転職する上限年齢は35歳までと考えておいたほうが良いです。
その後は徐々に採用可能性が低くなります。

もちろん、バイトやパートなど非正規の形で働くのであれば、それほど年齢を気にしなくて良いこともあります。
しかし、正社員として一から仕事を覚えるのであれば、年齢は最高でも35歳までと思っておいたほうが良いでしょう。

コミュニケーションの違い

8272548753f49146532d48af5ef821e2_s
看護師は、患者さんやその家族と接しているうちにコミュニケーション能力が育ってきます。
そのため、接客業や営業などの仕事でも応用できると言われることが多いです。

しかし、看護師時代のコミュニケーションの仕方をそのままお客さんに接するときに使うのはマズイです。
相手はあくまでサービスを求めているのであって、医療を受ける感覚とは異なります。

看護師の仕事では高齢者に接することが多いため、軽い口調を使うことが多いです。
職場でも医療用語を使ってキビキビ伝達するような話し方なので、敬語があまり身についていない可能性もあります。
その言葉の使い方のまま、アパレルでお客さんに接してしまうと違和感を持たれてしまう可能性もあります。

まずは敬語を覚える、業界用語を覚える、職場の雰囲気にあった身だしなみを整える、といった基本的なことから取り組みましょう。

看護師資格をどうするか

アパレル業界でも、患者さんや医療従事者の衣服を取り扱うメーカーはあります。

それならばまだ多少は看護の経験が活かせますが、それでも看護師資格は無駄になります。
全く医療や看護の世界とは関係ない職場であれば、さらに経験が意味をなさなくなります。

専門資格を取ったのに、無駄になっているというのはもったいないことです。
専門資格は給料が高くなる、待遇が良くなる、などのメリットがあるからです。

それでもどうしても別の業種に進みたいというのであれば、給料は下がる可能性が高いことは覚悟しておきましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事