HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 外科の看護師が転職するなら?【テキパキ働けるスキルを活かそう!】

外科の看護師が転職するなら?【テキパキ働けるスキルを活かそう!】

外科の看護師は、内科よりもテキパキとして体育会系のイメージがあります。
実際、仕事の場面では手術に対して不安を感じている患者さんに適切な説明をしたり、疼痛コントロールや術後合併症の早期発見、など素早い動きが求められます。
こういったスキルを持っている外科の看護師が転職するならば、どういうところが適しているでしょうか?

手術室の看護師

外科から転職するならば、今までの手術前や手術後の患者さんへのケアに当たっているはずですから、その知識が活かせる職場が適しています。

この場合には、手術をサポートする手術室が良いでしょう。
手術室は緊張続きの職場ですが、それだけにやり甲斐があります。
人の生き死にに直接関わっているという責任感が、自分を大きく成長させてくれます。

テキパキ働けるスキルを活かす

ed37d76251a2fc8e89ea6f3abd53357d_s
外科の看護師は、必要な処置を手早く正確に行うスキルが求められます。
術後の傷の様子を確認したり、合併症の有無、全身の状態などを素早く正確に確認します。

看護師に人気のある職場として、ER(救急救命室)があります。

生きるか死ぬかの瀬戸際の患者さんを相手にするため、一瞬たりとも気が抜けない職場です。
メリットは、最先端の医療技術を学べる、人の役に立っているという感覚が強く持てる、患者さんのサポートというよりも医療スタッフとしての役割が大きい、などです。

どこに転職しても困らない


外科は、一度は経験しておくべき診療科と言われています。
ここで働くことができれば、どこの科に行っても通用するとさえ言われています。

内科は投薬などでゆっくり治すのに対して、外科はメスで切って治すというキッパリした世界です。
内科と外科では世界観が全く異なると言っても良いでしょう。

給料だけを考えるのならば美容外科という選択肢もありますが、美容系は看護の仕事よりも営業や接待のような仕事が求めらます。
そのため、医師の手術サポートのような仕事をイメージしていると、理想と現実とのギャップに戸惑ってしまう可能性があります。
持っているスキルや経験を活かすのであれば、最前線でバリバリ活躍できる手術室やERなどが良いでしょう。
内科も良いですが、こちらは慢性的な病気を抱えた患者さんを相手にすることが多いので、患者さんがどんどん回復しているという実感が感じにくいことが多いです。
自分の性格にあっている職場を見つけるためにも、なるべく傾向が似ている診療科を選ぶようにしましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事