HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > ヘルニアの看護師が転職するならどんな仕事?【重症の場合は動かずにできる仕事を】

ヘルニアの看護師が転職するならどんな仕事?【重症の場合は動かずにできる仕事を】

気をつけていたけれども看護の仕事中にヘルニアになってしまった、もしくは持病のヘルニアが悪化した、という場合には転職を考える必要が出てきます。
ここでは、看護師として働きながらできる仕事、動かなくてもできる仕事、転職する上での注意点、について見ていきます。

看護の仕事を続けるなら

現在病棟勤務の場合を考えます。
ヘルニアでも、病棟のような「患者さんを持ち上げるような重労働でなければできる」というのであれば、外来の看護師に転職するという方法があります。

ヘルニアを悪化させてしまうのは、急に腰に負担をかけることです。
咄嗟に患者さんを支える、持ち上げる、などの行動が腰にダメージを与えて、症状を悪化させます。

それに比べれば、外来の仕事は医師の診察補助など事務系の仕事がメインです。
採血などもありますが、基本的には患者さんを持ち上げるような力仕事は少なくて済みます。

ヘルニアが重症の場合

af7fd8996d4be20189c541e55fa7813a_s
適度に休みつつ働けば大丈夫というのと違い、かなりヘルニアをこじらせてしまった場合には、動かずにできる仕事を探したほうが良いです。
場合によっては残念ですが看護の仕事は諦めることも考える必要がでてきます。

それでも看護師のスキルを活かしたいという場合には、医療や看護のライターになるという方法があります。
パソコンを使って自宅で働ける方法であれば、休養中でも負担になりにくいです。

クラウドソーシングのようなサイトを利用して、医療や看護の知識がないと書けないライター仕事をしてみると良いでしょう。
専門の知識がないと書けないライティングの仕事は、通常の記事よりも単価が高いというメリットがあります。

体が回復するまでのつなぎとして、もしくは一生やっていく仕事として、医療系のライティングもあることを知っておくと良いでしょう。

再就職の注意

再就職するにあたり、腰を悪くしたことを理由にしてしまうと、採用してもらえない可能性があります。
それは、看護師の仕事は多かれ少なかれ腰に負担がかかる仕事で、多くの看護師が退職理由や転職理由として書いているからです。

すべての人がそうであるというわけではありませんが、退職理由に病気の悪化を持ち出してくる看護師もいます。
そのため、本当に腰を悪くした人が疑われるという厄介なことが起きています。

疑われないためにも、転職先に対して自分の体の状態をはっきりと証明できるような診断書を持参して、どのような形で仕事に貢献できるのかをアピールできるように用意しておきましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事