離島の看護師求人について【事前に知っておくべきポイントをご紹介】

離島の看護師求人について【事前に知っておくべきポイントをご紹介】

看護師の求人というと一般的な病院だけではありません。やりがいを求めて仕事をしたいというのであれば離島の看護師の求人を探してみましょう。

ただ、もともときつい・汚い・危険の3Kの仕事と言われる看護師の仕事ですが、離島で働く場合、更に過酷であることを覚悟しておかなければなりません。

離島の給与について

本土と比べて離島では給与が低いです。
それでいて、基本的に休暇というものはなく、スタッフが少ないため看護師一人ひとりの責任は重大です。どのような病気や怪我が起こるかわからず、幅広い医療や看護の知識や技術が求められます。

たとえ病気や怪我で訪れる人がなかった日でも離島の場合、病院数が少なく1軒のみという場合も多いのでずっとあけておいてあらゆる自体に備えておかなければなりませんし、ゆっくりできる日でも遠出はできず島の中でリフレッシュできるようなところはあまりありません。そのため給与は少なくても使う場所もないのでお金が貯まることはたまるでしょう。

離島の問題

6--23

島民全員とかかわりをもっていく中で、仲良くなればなるほど患者の死が身内の死のようなものになり、精神面でもきつい仕事となります。

ただやりがいというのは本当に大きな仕事です。自分が島民の健康を守らなければ大変なことになります。島民皆に感謝されながら生きていくことになります。

幅広い知識や経験が必要となるため新卒ですぐに離島看護師になることは難しいですが、求人自体は看護師の求人サイトを調べれば探すことはできます

離島と言ってもある程度規模が大きな島であればいくつか病院があるようなところもあり、責任の重さや大変さの面でも少しは解消されます。島暮らしを希望して内地から若者の移住者が多いようなところであれば島民の受け入れも良く、活気もあります

土地柄での違いが問題になる事も

ただ、中にはその土地ならではの考え方や歴史が根強く残っているようなところもあり、看護活動自体が難しいところもあります。
高齢の方が多い島だと病気になったり亡くなられるケースも多くなりますし、自分で病院まで通ってくることが困難になるため看護師自ら島民の家に通わなければならなくなるケースも多いでしょう。

何より方言がきつくて同じ日本人でありながら会話に不自由するようなところもあります。島ならではで台風などで船が使えなくなると外部と完全に遮断されてしまい、医療の応援を頼むことが不可能となるケースもあります。

過酷な状況で不安であれば派遣で短期間限定でまず働いてみてから検討してもよいでしょう。

転職を考えている看護師さんに

病院での看護業務はとても忙しく、重労働や夜勤が苦痛、人間関係が厳しすぎるなどが原因で看護師を辞めたくなる人も少なくありません。
しかし、職場環境によってはもっと心にゆとりを持って働くことができる場合もあります。
どうしようもなくなった時は職場を変えてみるのも選択の一つでしょう。

看護転職サイトを利用するという選択肢

忙しい看護師さんの代わりに求人を探してくれるというだけではなく、サービスによっては専任のアドバイザーが親身に話を聞いてくれたり、事前に職場の雰囲気などをリサーチしてくれるところもあります。

  • 信頼と実績があるブランド
  • 全国の看護師転職求人に対応
  • 幅広い勤務先や職種・条件も網羅
  • 履歴書や面接対策、待遇・給与交渉などの徹底サポート

▽ 以上を満たした看護師転職サイトはこちら ▽

専任アドバイザーの方との相性トラブルを回避するために、信頼度の高い看護師転職サイト2~3つに登録して相性のいい担当者さんを見つけるようにすると、よりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。
関連記事

看護師の転職・転職サイトについてを全て表示

全ての看護師コラムを表示