HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 保健師の求人倍率はどれくらい?保健師の求人情報の見つけ方

保健師の求人倍率はどれくらい?保健師の求人情報の見つけ方

保健師として働きたいと考えると求人募集を見つけるのが重要なポイントになります。
求人倍率の高さが気にかかりがちですが、どの程度の高さがあるのでしょうか。
実態についての理解をすると共に、少しでも高い確率で求人情報を獲得できるように工夫をするようにしましょう。

保健師の求人倍率の実情

保健師の資格を取得して働きたいと考えたら求人募集に目を向けることになります。
見つけられたとしてどの程度の競争率があるかが大きな興味となるでしょう。実際の求人倍率は2倍程度の場合もありますが、高いときには10倍を越える競争倍率になる場合もあるのが実情です。

働き方として企業に勤める以外にも学校や行政で勤める方法がありますが、どの場合でも高いときには10倍を越える高い競争倍率があるのが実情です。
保健師の資格を獲得して働きたいという人が多い現実を反映されていると言えるでしょう。

募集を見つけられるかどうかが重要

LW_8-000_Doctor&Nurse_151027+++++++++++++*

そもそも保健師の募集が少ないのが求人倍率に影響を及ぼしています
企業では一企業一人体制がとられている場合が多く、学校では原則一人となっていて、行政でも必要最低限の人数しか確保していないのが一般的です。

そのため、退職する人が出て来ない限りはあらためて求人募集を行うことがありません。
そのため、求人募集自体が極めて少なく、見かけられたら希望していた人が殺到するという状況があるのです。

特に人口が多い都心部では資格の保持者も多くて志望者が殺到しやすく、激しい競争に見舞われる傾向があります。また、企業からの場合には将来的には高い収入を得られやすいという魅力もあり、10倍を越えるような競争倍率が生まれてしまうことにつながっているのです。

看護師向けの情報サイトの活用と地域情報への留意

求人情報に対して敏感になることが保健師として働けるかどうかに大きな影響を及ぼします。看護師向けの情報サイトを利用すると企業からの情報は集まりやすいものの、学校や行政からの情報は見つかりにくいのが事実です。

企業にこだわりを持っているわけでなければ、地域情報に対して目を向けておくことも大切になります。常に地方自治体からの公募に目を向けると共に、地域向けに看護師の求人情報が提供されている場合には目を通すのを忘れないようにすると教育機関からの求人も見落とさずに済みます。競争率が高いからこそ必ずしも看護師向けの情報サイトに求人が掲載されるとは限らないと理解しておくことが大切です。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事