看護師の採用面接のコツとは。採用されやすい人材を知る大切さ

看護師の採用面接のコツとは。採用されやすい人材を知る大切さ

良い職場の候補が見つかったら求人に応募して採用面接を受けることになるでしょう。
うまく採用されるためにはどのようなコツがあるのでしょうか。

ある程度は自分を演じなければならないと考えて、採用されやすい人材を演じるつもりで挑むことが大切です。どのような看護師が選ばれやすいのでしょうか。

看護師に欠かせない言葉遣い

看護師の採用試験でうまく合格を勝ち取れるかどうかは面接にかかっていると言っても過言ではありません。その際に重要視されているのは看護師として働く上での基本が身についているかということです。

病気の人や体の不自由な人とのコミュニケーションが大切になるのが看護師であり、採用の際にもその点は基本としてよく見られています。
採用されやすい人材の特徴として、言葉遣いがなっているのが通常です。

敬語を自然に丁寧に使いこなせていることが大切であり、適切な謙譲語と尊敬語を使い分け、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。
一朝一夕にして身に付けられるものではないので、普段からの実践が大切になります。

態度に出る人としての信頼性

10--4

面接でもう一つよく見られているのが態度です。
患者や高齢者からの信頼を確保しなければ医療や介護に従事する人としての活躍は難しいでしょう。見た目で頼りになるかどうかはとても重要の要素となります。

姿勢が正しく、しっかりと相手の目から胸元を見て話せることや、言葉がはっきりとしていているのは大切です。また、不自然な動作をすると落ち着きがない人材としてマイナス評価されてしまいがちなので注意しましょう。

髪を触ったり、指先をせわしなく動かしたり、貧乏ゆすりをしたりするとそれだけで採用がなくなる可能性すらあります。落ち着いた雰囲気で信頼性のある人材である様子が見られるように振る舞うのが重要です。

社会人としても身だしなみは大切

言葉遣いや態度は面接本番で終始気にかけ続けなければなりません。
しかし、それに加えて準備段階でも必要なものがあります。看護師としてだけでなく、社会人として最低限のマナーとして清潔感のある身だしなみを整えるのは基本です。

特に看護師は患者や高齢者と距離を近くして接する場合も多いため、相手に不快感を与えない身だしなみが整えられているのは必要なマナーです。当然であるとはいえ、面接会場に向かう間に乱れてしまう場合もあります。それを直前に整えてから面接に挑める程度の思慮深さがあると採用されやすくなるでしょう。

転職を考えている看護師さんに

病院での看護業務はとても忙しく、重労働や夜勤が苦痛、人間関係が厳しすぎるなどが原因で看護師を辞めたくなる人も少なくありません。
しかし、職場環境によってはもっと心にゆとりを持って働くことができる場合もあります。
どうしようもなくなった時は職場を変えてみるのも選択の一つでしょう。

看護転職サイトを利用するという選択肢

忙しい看護師さんの代わりに求人を探してくれるというだけではなく、サービスによっては専任のアドバイザーが親身に話を聞いてくれたり、事前に職場の雰囲気などをリサーチしてくれるところもあります。

  • 信頼と実績があるブランド
  • 全国の看護師転職求人に対応
  • 幅広い勤務先や職種・条件も網羅
  • 履歴書や面接対策、待遇・給与交渉などの徹底サポート

▽ 以上を満たした看護師転職サイトはこちら ▽

専任アドバイザーの方との相性トラブルを回避するために、信頼度の高い看護師転職サイト2~3つに登録して相性のいい担当者さんを見つけるようにすると、よりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。
関連記事

看護師の転職・転職サイトについてを全て表示

全ての看護師コラムを表示