HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 看護師の採用面接のコツとは。採用されやすい人材を知る大切さ

看護師の採用面接のコツとは。採用されやすい人材を知る大切さ

良い職場の候補が見つかったら求人に応募して採用面接を受けることになるでしょう。
うまく採用されるためにはどのようなコツがあるのでしょうか。

ある程度は自分を演じなければならないと考えて、採用されやすい人材を演じるつもりで挑むことが大切です。どのような看護師が選ばれやすいのでしょうか。

看護師に欠かせない言葉遣い

看護師の採用試験でうまく合格を勝ち取れるかどうかは面接にかかっていると言っても過言ではありません。その際に重要視されているのは看護師として働く上での基本が身についているかということです。

病気の人や体の不自由な人とのコミュニケーションが大切になるのが看護師であり、採用の際にもその点は基本としてよく見られています。
採用されやすい人材の特徴として、言葉遣いがなっているのが通常です。

敬語を自然に丁寧に使いこなせていることが大切であり、適切な謙譲語と尊敬語を使い分け、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。
一朝一夕にして身に付けられるものではないので、普段からの実践が大切になります。

態度に出る人としての信頼性

10--4

面接でもう一つよく見られているのが態度です。
患者や高齢者からの信頼を確保しなければ医療や介護に従事する人としての活躍は難しいでしょう。見た目で頼りになるかどうかはとても重要の要素となります。

姿勢が正しく、しっかりと相手の目から胸元を見て話せることや、言葉がはっきりとしていているのは大切です。また、不自然な動作をすると落ち着きがない人材としてマイナス評価されてしまいがちなので注意しましょう。

髪を触ったり、指先をせわしなく動かしたり、貧乏ゆすりをしたりするとそれだけで採用がなくなる可能性すらあります。落ち着いた雰囲気で信頼性のある人材である様子が見られるように振る舞うのが重要です。

社会人としても身だしなみは大切

言葉遣いや態度は面接本番で終始気にかけ続けなければなりません。
しかし、それに加えて準備段階でも必要なものがあります。看護師としてだけでなく、社会人として最低限のマナーとして清潔感のある身だしなみを整えるのは基本です。

特に看護師は患者や高齢者と距離を近くして接する場合も多いため、相手に不快感を与えない身だしなみが整えられているのは必要なマナーです。当然であるとはいえ、面接会場に向かう間に乱れてしまう場合もあります。それを直前に整えてから面接に挑める程度の思慮深さがあると採用されやすくなるでしょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事