HOME > コラム > 患者さんとのコミュニケーション > 苦手な患者さんとの関わり方【信頼関係の築き方】看護師はサービス業と割り切るとラク!

苦手な患者さんとの関わり方【信頼関係の築き方】看護師はサービス業と割り切るとラク!

「今日の担当は誰だろう」と仕事に入る時、前向きにルンルン気分で確認する時と、「あの人じゃなかったらいいな」とマイナスな気持ちで確認する事があります。

看護師だって、人間です!!
人間の好き嫌いや、相性、雰囲気や空気等により、近寄りたい人と、なるべくなら避けたい人などがあっても仕方ありません。
しかし、ここは専門職として、あまり交換を抱けない患者さんにも平等に、みんなと同じ対応をしなければなりません。

自分の感情が患者さんの看護に影響することがあってはならないもが医療・看護の仕事です。

苦手な患者さんと信頼関係は築ける?

苦手な患者さんを前にすると、どうしても会話が減ったり、訪室時間を短縮しようとしたり、必要最低限の関わりにしてしまう事があります。
自分が逃げてしまうという事です。

コミュニケーションや信頼関係が大切となる看護師業ですが、そのような関わりでは重要な情報が引き出せず、情報収集不足や、信頼関係の無さにより患者さんに不利益が生じることがあります。

そこで、苦手な患者さんとも信頼関係を築く方法を説明します。

エゴグラム

コミュニケーション
自我状態を発する心のエネルギーについてと言われてもなかなか分かりにくいですね。

  • 責任感や義務感が強い人、完璧主義者
  • 慈愛心の強い人、面倒見が良い人
  • 物事を客観的に冷静に見る人、感情を表に出さない人
  • 自己中心的で、周囲より自分優先の人
  • 順応芯の強い人、我慢して合わそうとする人

人の性格は大まかに5つに分類されます。

※自分はどのタイプに当てはまりますか?
そして、対象とする苦手患者さんのタイプはどれでしょう?

同じ対応をしても、その人の性格により受け入れられる対応と、受け入れられない対応があります。その性格に応じた対応が必要です。

例えば、褒められて伸びる患者さんへの教育で「前も指導したのに、覚えられていない」などと態度をとると、自信を無くし、ウェルネス思考を失ってしまいます。

しかし、「ここはできるようになっているから、後少し」などを言われると、次は出来るようになろうと言う気持ちになります。

看護はサービス業

看護の仕事はサービス業です。
患者さんが来院し、治療し、入院してくださるから病院経営は成り立ちます。
そこを念頭に仕事をしなければいけません。
患者さんに合わせることも必要なのです。

その人の性格を理解し、その人に合った対応をすることで仕事は円滑に進みます。
看護師が「苦手」と思って関わるのではなく、受け入れる立場となるわけです。

看護師が、患者さんへの対応方法を理解し対応していると、患者さんは「分かってくれている」と感じてくれて、心を寄せてくれる土台が出来ます。それが、信頼関係を築く元なのです。

苦手だからと壁をつくるのではなく、歩み寄る姿勢が大切なのです。

まとめ

苦手な患者さんと関わる時に、理解しようとする気持ちが仕事を円滑にします。
あなたの苦手な患者さんへの対応は、問題無かったですか?
その人を分かった上で、声をかけ、関わることが出来ていたでしょうか?

我々は、看護のプロです。
決して、患者さんを選択する立場ではない事を理解し、苦手な患者さんを克服する努力をしましょう。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「患者さんとのコミュニケーション」の関連記事