HOME > コラム > 患者さんとのコミュニケーション > ナースコールの種類と対応のまとめ

ナースコールの種類と対応のまとめ

病院には必ずナースコールがあります。ベッドサイドやトイレ、シャワー室、お風呂場などいつでも看護師を呼べるようになっています。今回はナースコールに関するお話です。

ナースコールの種類

場所によって、ナースコールにも対話できるものとできないものがあります。対話できるものは、ベッドサイドにあることが多いです。

また、ボタンで押すタイプ、ひもを引くタイプ、息を吹きかけるタイプなど、その人に合わせて設置されます。

一方、転倒の危険がある場合や認知症の患者さんには、ベッドから降りたときに知らせる、通称マッタ君やウーゴ君といったセンサーのようなナースコールもあります。

ナースコールの対応のいろいろ

このようなナースコールには、患者さんが呼んでいるか否かに限らず、看護師は対応しなければいけません。センサーの場合は、何も言わずにすぐにお部屋に向かいますが、その他ベッドから呼ばれている場合の看護師の返答にはいろいろあります。

例えば

・「どうしました?」と用件を聞く場合
・「伺います」といってすぐにお部屋に行く場合
・「~ですか?」と用件を予想して答える場合

などがあります。

ナースコール、何て答えるのが良い?

どの答え方にもメリットとデメリットがあります。

具体的には、「どうしました?」と聞くときには、お部屋にいく前に詰所で物品の準備などができますが、排尿などの羞恥心を伴うことは患者さんからお願いしにくいといったデメリットもあります。

一方、「伺います」といった場合には、すぐに患者さんのところへいくので患者さんとしては嬉しいですが、何か物品が必要で二度手間になってしまうこともあります。

そして、「~ですか?」と用件を予想した場合には、あっていれば両者ともにスムーズですが、違っていた場合には患者さんが説明しなければいけないといったデメリットがあります。

そのため、ナースコールをとるときには、どの部屋の誰が呼んでいるのか、あらかじめ情報を把握しておくとスムーズです。患者さんによって答え方をかえ、知らない患者さんからのナースコールなら「伺います」とお部屋に行くのが良いでしょう。

 


ナースコールは病棟で一日中なっていることもあります。看護師によっては、オフのときでも頭の中でナースコールがなり、ストレスを感じていることも多いです。なるべくナースコールがならないような看護をしていきたいですね。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • マイナビ看護師

    • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
    • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
    • 採用状況や職場体制の情報がわかる
    • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

    詳細はこちら

  • ナース人材バンク

    • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
    • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
    • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
    • 非常勤の求人も豊富
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

    詳細はこちら

  • 看護のお仕事

    • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
    • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
    • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
    • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
    対応地域対象職種利用料
    全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

    詳細はこちら

「患者さんとのコミュニケーション」の関連記事