HOME > コラム > 患者さんとのコミュニケーション > 患者さんから聞かれることが多い質問とその対応のまとめ

患者さんから聞かれることが多い質問とその対応のまとめ

患者さんから聞かれることが多い質問をあらかじめ知っておくことによって、その対応がしやすくなります。特に看護学生においては、患者さんとかかわる機会が少ないので、病院実習においても大いに役立つでしょう。
 

患者さんの状況によって質問もいろいろあります

患者さんが入院している目的は、病気を治したり抑えたりすることで、より健康になることです。そのため、多くの患者さんは自分の体のことや将来のことに不安を持っています。特に、はじめて診断された病気であれば、どのような病気なのか、これからどうなっていくのかは、誰もが気になるものです。

これらのことから、患者さんからは病気について聞かれることが多いです。
自分の病気はどんな病気なのか、どういう状況で、これからどうなっていくのか、治療に使われている薬はどんなものなのかなどを質問する人が多くいます。

一方、完治が難しい病気で何度も入退院を繰り返しているような人は、病気とうまく付き合っていく方法を知りたいと思う患者さんが多く、病気が治って退院を目前にしている患者さんは自宅に戻ってからのことを気にします。

このように患者さんの状況によって、聞かれることが多い質問の内容も変わってきます。

看護学生が病気のことを聞かれたら

患者からの質問
学生のときに、患者さんから病気や病状、治療などについて質問を受けることも少なくありません。

しかし、学生のうちにはすべてに答えることはできないので注意が必要です。
なぜなら、学生はカルテなどの情報を見ることができますが、すべての情報を正しく患者さんに伝えることが難しいからです。

そのため、もしも患者さんからそのようなことを聞かれた際は、答えられないことを伝え、知りたがっている旨を看護師に報告すると良いです。

看護師が患者さんから質問された場合

一方、看護師も患者さんからそのようなことを聞かれることも少なくありません。その際は、患者さんの理解度と状況を考慮した上での対応が求められます。

しかし、薬剤に対する詳しい説明を求めている場合は薬剤師と連携することや、病状についての詳しい説明を求めている場合は医師と連携するように働きかけます。

このように患者さんからは、病気や病状などについての質問が多いです。

学生のうちは答えることができませんが、看護師は状況を理解した上で看護師としての範囲で説明は可能です。

また、必要に応じて他職種と連携することでより患者さんのニーズにこたえることができる場合があります。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「患者さんとのコミュニケーション」の関連記事