HOME > コラム > 看護師の転職/転職サイトについて > 転職時の面接で聞かれやすいこととは

転職時の面接で聞かれやすいこととは

転職時の面接対策については、「転職時の面接対策のまとめ」でまとめましたが、今回は面接で聞かれやすい内容をまとめます。
 

面接時に聞かれることとは

面接で聞かれる内容は、病院によって違います。その病院や面接官が何に重点を置くかによって、聞かれることが変わってくるためです。

看護師転職サイトを利用している場合には、あらかじめ聞かれる内容を教えてくれることもあります。

しかし、当日の話の流れや面接官によっては、聞いていたこととは違うことを聞かれる可能性もあるので、あらゆることを想定しておくことは必要です。

面接でよく聞かれること

面接
面接でよく聞かれる項目は、「なぜその病院を選んだのか」「以前の病院はどういった理由で辞めたのか」ということです。転職時には、この二点はしっかりと答えられるように考えておきましょう。

ただし、答えた内容によっては再度質問されることもあるので注意が必要です。

例えば、「貴院の方針に共感したからです」と答えても、その内容について理解していなければ、かえって苦しむことになります。

しっかりと病院のホームページなどをみて、「ホームページを拝見させていただきましたが、貴院の患者様を大切にするという方針に共感したためです」などと回答すれば、再度質問される可能性は低くなります。

また、以前勤めていた病院を辞めた理由に関しては、愚痴やマイナスの方向に話すのはNGです。言い回しを変えて、プラスの方向に話をすすめるようにしましょう。

面接の前に考えておきたいこと

また、以前勤めていた病院でどのように働いていたかを聞かれる機会も多いです。これは面接時だけではなく、実際に転職後にも聞かれることなので、しっかりと伝えることができるようにまとめておくと良いでしょう。

その他にも家族構成や今後の希望、目標などについて聞かれることもあります。面接の前にいろいろな質問を想定しながら、その答えとつっこみどころを考えてみると良いです。

このように面接では聞かれやすい内容があります。しかし、話の流れなどによって想定していないことを聞かれることもあるので、面接の前にはしっかりと考えとまとめておくと良いです。

> 「現役看護師の転職体験談」に進む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • */?>

    • マイナビ看護師

      • 登録した方へ大人気のWプレゼント実施中
      • 信頼と実績のあるマイナビブランドだから安心
      • 採用状況や職場体制の情報がわかる
      • 厚生労働大臣認可の転職支援サービス
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー無料

      詳細はこちら

    • ナース人材バンク

      • 紹介実績No.1!年間10万人の看護師が利用
      • 地域に特化した看護師専門のキャリアパートナー
      • 写真と職員インタビューで職場がよくわかる
      • 非常勤の求人も豊富
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職無料

      詳細はこちら

    • 看護のお仕事

      • 希望の病院に入職できるまでフルサポート
      • 職場のリアルな情報提供で不安もなし
      • 豊富な役立つコンテンツを利用可能
      • 全国の主要な医療機関を幅広くカバー
      対応地域対象職種利用料
      全国看護師、准看護師、保健師、助産師無料

      詳細はこちら

    「看護師の転職/転職サイトについて」の関連記事