転職時の面接で聞かれやすいこととは

転職時の面接で聞かれやすいこととは

転職時の面接対策については、「転職時の面接対策のまとめ」でまとめましたが、今回は面接で聞かれやすい内容をまとめます。
 

面接時に聞かれることとは

面接で聞かれる内容は、病院によって違います。その病院や面接官が何に重点を置くかによって、聞かれることが変わってくるためです。

看護師転職サイトを利用している場合には、あらかじめ聞かれる内容を教えてくれることもあります。

しかし、当日の話の流れや面接官によっては、聞いていたこととは違うことを聞かれる可能性もあるので、あらゆることを想定しておくことは必要です。

面接でよく聞かれること

面接
面接でよく聞かれる項目は、「なぜその病院を選んだのか」「以前の病院はどういった理由で辞めたのか」ということです。転職時には、この二点はしっかりと答えられるように考えておきましょう。

ただし、答えた内容によっては再度質問されることもあるので注意が必要です。

例えば、「貴院の方針に共感したからです」と答えても、その内容について理解していなければ、かえって苦しむことになります。

しっかりと病院のホームページなどをみて、「ホームページを拝見させていただきましたが、貴院の患者様を大切にするという方針に共感したためです」などと回答すれば、再度質問される可能性は低くなります。

また、以前勤めていた病院を辞めた理由に関しては、愚痴やマイナスの方向に話すのはNGです。言い回しを変えて、プラスの方向に話をすすめるようにしましょう。

面接の前に考えておきたいこと

また、以前勤めていた病院でどのように働いていたかを聞かれる機会も多いです。これは面接時だけではなく、実際に転職後にも聞かれることなので、しっかりと伝えることができるようにまとめておくと良いでしょう。

その他にも家族構成や今後の希望、目標などについて聞かれることもあります。面接の前にいろいろな質問を想定しながら、その答えとつっこみどころを考えてみると良いです。

このように面接では聞かれやすい内容があります。しかし、話の流れなどによって想定していないことを聞かれることもあるので、面接の前にはしっかりと考えとまとめておくと良いです。

転職を考えている看護師さんに

病院での看護業務はとても忙しく、重労働や夜勤が苦痛、人間関係が厳しすぎるなどが原因で看護師を辞めたくなる人も少なくありません。
しかし、職場環境によってはもっと心にゆとりを持って働くことができる場合もあります。
どうしようもなくなった時は職場を変えてみるのも選択の一つでしょう。

看護転職サイトを利用するという選択肢

忙しい看護師さんの代わりに求人を探してくれるというだけではなく、サービスによっては専任のアドバイザーが親身に話を聞いてくれたり、事前に職場の雰囲気などをリサーチしてくれるところもあります。

  • 信頼と実績があるブランド
  • 全国の看護師転職求人に対応
  • 幅広い勤務先や職種・条件も網羅
  • 履歴書や面接対策、待遇・給与交渉などの徹底サポート

▽ 以上を満たした看護師転職サイトはこちら ▽

専任アドバイザーの方との相性トラブルを回避するために、信頼度の高い看護師転職サイト2~3つに登録して相性のいい担当者さんを見つけるようにすると、よりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。
関連記事

看護師の転職・転職サイトについてを全て表示

全ての看護師コラムを表示